※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キズ隠し/コート剤を使用することで起こるメリットとデメリット
  • メリット
コート層の働きにより、汚れが付着しにくくなる。
ケミカル材によっては微細な傷が消える(或いは目立たなくなる)。
  • デメリット
ケミカル剤によっては凹んだ部分に入るとふき取りにくくなる。
表面が滑らかになるので滑りやすくなる。

コート剤

ガラス系やシリコン系、或いは両方を併せ持ったタイプがある。
持続効果はガラス系の方が長期間持続する。

ブリス(ブリスジャパン)

ガラス系コート剤。
評価は高いが値段も高い。
PSPで使うなら安価なトライアルセットで十分足りる。

丸っとコート(タイホーコーザイ)

シリコン系コート剤。
コーティング剤としては比較的安価な部類で効果も高いが施工を誤るとムラになりやすい。

AURI

シリコン系コート剤。
効果はそれなりでCMで流れている様な劇的な効果は期待しない方がいい。

傷隠し剤

傷の部分に透明な樹脂を埋め込んで傷を消したり目立たなくするケミカル剤。
深い傷には効果は無く、恒久的な物ではないのである程度経つと再施工の必要がある。


プレクサス

傷消しの他に洗浄、撥水効果もある。