通称・俗称


ここではプロレヴォで使われる通称・俗称を紹介していきます。

あ行


  • 当てる-敵ユニットのいるスクエアにユニットをプレイする時の用語、特にダメージを与えるために自滅覚悟で行なうものをさす場合が多い。
  • アド-「アドバンテージ」の略称。手札の枚数・場の枚数等、相手と自分との間の差。優位性。
  • うさだ-ラ・ビ・アン・ローズの略称。
  • 落とす-墓地にカードを送ること。エルメス等自発的な場合が多い。

か行


  • 更新-プランから出てきたカードを墓地に送りプランを捲る時の用語。

さ行


  • 最初の1エネプラン
最初に置くエネルギーで、プランを行う事。ゲマ焼きそば喫茶『どんぐり』などを使わない場合に選択できる戦術。
1エネでは、プランしてプランゾーンを作成するにとどまり、プランゾーンは当然公開情報なので、自分の得にならないだけでなく、情報を相手に与えることになる。
レヴォは、デッキ内容が予想できれば、ある程度プレイングで相手に対応できるので、公開情報は少なくするのが普通。
しかし、この最初の1エネプランを好んで使うレヴォラーも多少存在する。
これは、
公開情報的に「次の自ターン」で引いたカードをエネルギー送りにすればディスアドがないのと同じなことや、
プランゾーンでさらしたカードにより、相手を揺さぶり、無理に早い攻めをさせるなどのミスプレイを誘うこと、
自ターンのリズムを自身で作り、落ち着いてプレイングすることなどのために使われている。

た行



な行


  • 寝る-カードをフリーズする事の俗称。

は行


  • ハーキリ-ハーレイ&キリクの略称。
  • ぷちこ-プチ・キャラットの略称。
  • 踏む-「当てる」とほぼ同義だが、こちらは生き残る場合を指す事が多い。
  • ブースト-主に緑等の、エネルギーを素早く溜めていく戦い方。

ま行


や行


  • 焼く-効果などでダメージを与えて敵を除去すること。
  • 四又-移動方向が全方向のカード。

ら行



わ行


英数