番号 KD07098
名前 いつか咲く花
読み いつかさくはな
Lv 4
スター
種別 ストラテジー
【たとえ咲かなくたって、俺はいつまでも待っていてやるよ】
○味方を1枚選びリリースする。自分のエネルギーを1枚選び、捨札に置く。
○夢(プランゾーンからプレイできる)
ブロック 角川書店2.0
作品 薔薇のマリア
レアリティ R

KD2.0のリストが出回り始めて誰もが目を疑った、その存在が危険視されているカード。

効果は赤のEDENのライブラリに似た、リリースを行うストラテジー。
申し訳程度に★をつけたと思ったらLvの制限が消えてしまった。
デメリットとしてエネルギーを1枚破棄する必要があるものの、そもそも緑を使っているとエネルギーが必要以上に増えるし、すぐ枚数を確保できるのであまり気にならない。

今まで、緑がリリースする手段は復活ー!!ぐらいしかなかったため、色の組み合わせはあれど「このターンで死ぬ事はないな」と安心できた。
今後はそうはいかなくなってしまうかもしれず、緑としてはあまり出してはいけない類のカードである。

 その理由の一つに・・・・・・何があったんです?の存在があったのだが、このカードはどうなるだろうか。
 一応はどちらも★カードであるため、その辺りは考慮する必要はある。

  • このカードはEB2.0で現れた乱崎千花やエネブのさらなる容易化(ティカアナなど)によって、凶悪性を増した。

  • 緑黒デッキでの立ち位置でいうと動き回りたいユニット(ミレーユ早川美咲)が増えたため有用性は高まったといえる。