緑単「ZOO」薔薇のマリア


デッキの概要

角川書店2.0で収録された「薔薇のマリア」のカードを多く使う、ファンデッキ寄りのデッキ。
「ZOO」の面々を使いマリアローズを活かすことでビートダウンをして戦う。
角川書店2.0から登場したキーワード能力経験を、マリアローズを使うことで早く使えるようにできると、かなり有利に戦える。

特にマリアローズを二枚並べることに成功すれば、マリアローズのプラン能力を加速させることが容易になるので、これを狙って運用したい。
もちろん、マリアローズを使うことで山札から、もう一枚のマリアローズを呼びやすくなるので、二枚並べるのは比較的容易と言える。

「ZOO」の面々は、基本的にSPが高め。盤面にユニットを残すことで、かなり有利にゲームを進められるのでやはりマリアローズを並べることを優先したい。
いつか咲く花を使うことでスマッシュを上手く取って勝利を狙いたい。

参考レシピ

緑 ユニット 52枚 緑 ストラテジー 3枚
マリアローズ 4 いつか咲く花 3
カタリ 4
サフィニア 4 緑 トラップ 5枚
ユリカ・白雪 4 この世でもっとも美しい者 1枚
ロム・フォウ 4 奥様は魔女っ娘♪ 4
トマトクン(★) 4
ピンパーネル 4
トワニング 4
ジャン・ジャック・ド・ジョーカー 4
クローディア 4
セレシア 4
ティカ 4
ぴよこ 4 計60枚

速いデッキに備える場合は、コロナ熱暴走を採用するといいだろう。
“生ける鎧”センチネル千影を加えることでBP勝負に勝てるようにするのも悪くない。