多色幸運


デッキの概要

キーワード能力である幸運を存分に使い倒しながら、キャンサー・カリクムによりハンドアドバンテージを得て戦うタイプのデッキ。
一言でいうと「ハンドアドを手に入れるための効率の良さが魅力」のデッキである。
→ 1プラン分のコスト+幸運起動 → 幸運効果 + 手札が1枚増える

では、ポイントとなる能力とカードの説明をする。
幸運の特徴。
  • 各色に幸運を持つカードが存在し、カードプールが豊富。
  • プランゾーンから起動、なので発動までのコストが少ない。 → アドがとりやすい。
  • 発動条件が容易に満たせ、さらに最低4エネから起動ができて使いやすい。
  • 希望、ストラテジーなどに比べ、メタが張りにくい。
  • 捨札が増えやすい。 ← 起動プロセス及び効果によって。

  • コストを払う必要がない能力であり、緩い条件を満たすだけで手札が増える。
  • 相手への公開が必要であるが、2枚の内1枚を選び取れる取捨選択可能な効果。
  • 持ち、5Lvユニットで比較的に出しやすいユニット。
  • 一応BP変化能力もちで、自身の能力だけでBP7000になれる。
  • 捨札が増えやすい。

デッキを組むときに注目したいこのデッキタイプの利点は
多色幸運とあるように多色での構築が可能である。これは幸運の発動条件が容易であり、キーカードがキャンサー・カリクムだけ、幸運のカードプールが豊富なことが理由。3色くらいで安定、4色でも可。
ハンドアドを利用した多様な戦術を組み込むことができる。といった魅力もある。例として、を組み込みアレスで焼き払い、根性持ちユニットを無理やり引っ張ってくるタイプのデッキが考えられる。
また、捨札が異様に増えやすいので捨札利用カード、経験持ちのカードなどと相性が良い。
プランするときはスマッシュが使えるので気合や自身にダメージが加わる系のカードとも相性が良い。

以上を踏まえ、このデッキと相性の良いカード、幸運のカードを色別に紹介する。

   相性が良いカード:はけ加護援軍根性持ちユニット。
   幸運で良いカード:じゃえんクライスアレス赤神オディウスの申し子“英雄王”シオン


   相性が良いカード:天剣授受者伊里野加奈(★)秘剣・白杖円舞“都市警察”ナルキ
   幸運で良いカード:青のカードは幸運効果かカード自体の能力が良いので幸運の青の欄を参照。

   相性が良いカード:四方の風周藤汐音ジブリール巨乳許すまじ!!
   幸運で良いカード:吉村護十数年の思い出緋鞠&静水久修行

   相性が良いカード:佐伯玲子黒崎朱浬『クリムゾンデスロード』の元首領乱崎千花
   幸運で良いカード:緑も青と同様の理由でここでの紹介は省略。幸運の緑を参照。

ちなみに、デッキとしての難点もあるのでここに記す。
幸運を起動する回数が多く、キャンサー・カリクムティーの誘発型能力も幸運起動のたびに処理されるため自ターンが長くなる傾向がある。
また、幸運で得られる効果はプレイヤーに選択を迫るものが多く、より良いプレイングのためにはいろいろ考える必要があり負荷がかかるため、プレーヤーを疲れさせることが多い。
幸運効果と誘発型能力の処理順や、幸運起動とその効果の扱い方などのルールを熟知していないと誤った運用をすることになる。
ハンドアドバンテージを取るのが容易であるため、余計にデッキを回しすぎることがある。気づくとデッキアウト目前というのもしばしば。
以上より自ターンが長く、幸運周りの処理も繁雑で、欲に目がくらむことも多々あり、プレイングミスを犯す危険性がかなり高いデッキといえる。

参考レシピ

電撃G'Sマガジン ブロック環境
青緑黒三色構成。
青 ユニット 19枚 緑 ユニット 17枚 黒 ユニット 13枚
嵩立静香 1 華島由璃子 1 黒島茶子 4
オリハルコン・ロノカネ 4 黒崎朱浬 2 ティー 4
高杉ヒミコ 4 ロム・フォウ 1 フローラ 4
キャンサー・カリクム 4 ティカ 4 早川美咲 1
レイカル&カリクム 2 乱崎千花 1 黒 ストラテジー 9枚
神来恭太郎 4 ケーキを食べる小猫 4 パン食い競争 2
青 ストラテジー 2枚 やきもちアーシア 4 ハナ子の歌 4
夏休みふたたび 2 緑 トラップ 5枚 みんなでお風呂 1
王様遊戯 1 僕たちの住む世界 2
この世でもっとも美しい者 4 黒 トラップ 1枚
往復びんた 1
計66枚

このデッキの運用ポイントは
1.フローラによるキャンサー・カリクムのリクルート及びスマ増によるプランの高速化。
2.ティーによる高速ハンデス。
3.ハナ歌僕たちの住む世界などのリリースイン。
4.リリースインからの黒崎朱浬早川美咲による戦闘除去。
5.嵩立静香による無限プラン+幸運起動コンボ。
6.パン食い競争黒島茶子による自発希望誘発。
7.ティカこの世でもっとも美しい者によるエネブ。
などがあげられる。

運用にあたってはデッキとして異色であることを認識するとデッキを活かしやすい。
  • を持つカードが14/66で、デッキの4分の1以下しか入っていない。主戦術はポイントの3。
  • むしろ希望の方が多い。割合は15/66でポイントの6のような戦術がとれる。
  • 幸運が最多で44/66。デッキの3分の2は幸運で占められている。

このデッキはやれることが非常に多いためプレミに気を付けたい。
運用の展開としては
3ターン目にフローラを出す。あるいはキャンカリハナ歌、最悪ティーを握る。
4ターン目から幸運起動を始め、手札増、ハンデス、エネブ、リリースインを行い戦っていくという形。
ボードアドを潤沢なハンドとリリースインにより取りやすくひっくり返すのが容易な点が良いところ。
守りはざるなのでキャンカリハナ歌をいつも握ってプレイしたい。

弱点は