※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無限ドロー


デッキの概要

千鳥かなめ鳥井かりんリネット・ビショップ宮藤芳佳によるコンボで、膨大なハンドアドバンテージを得て押し切るタイプのデッキ。
必須ユニットをそろえるのは難しいかもしれないが、コンボを決めてしまえば防ぐのは困難。最速4ターン目始動である点もこのデッキの魅力。

一般的な、ループの手順は、以下のようになる。
1.宮藤芳佳鳥井かりんを味方エリアに登場させる。
2.リネット・ビショップを登場させ、鳥井かりんの能力で敵エリアに。
3.宮藤芳佳リネット・ビショップを回収、自身をリリース。
4.千鳥かなめを登場させ、2、3の手順を繰り返す。コストはリリースしている宮藤芳佳

無限ループだけであれば、宮藤芳佳鳥井かりん千鳥かなめで可能。
エネルギーをコストとする有限ループなら、宮藤芳佳鳥井かりんだけで可能なため、局面に合わせてかたちを崩しながらの運用を考える必要性がある。
このあたりが、このデッキを組み、プレイングするときに楽しいところである。

上記の他、このデッキに重要なカードを挙げる。

   無限ドローが本当に無限になるためのユニット。魅力持ちなのも良い。
   ループと効果を多用することで、希望だらけのデッキとすることも可能。

   リネット・ビショップの代わりとして使える一枚。★枠を削らないので共存も可能。
   同時に採用することになるツインキャンサーは、を使えばフィニッシャーにもなる。

   無限ドローを始めるためにも、始めた後の詰めにも使える一枚。
   無限ループ軸に絡めた天剣授受者からのフォルテ・シュトーレンの超撃は勝敗を決める。

ちなみに、少なからず弱点が存在するので紹介する。
1.ループ時に勇気で迎撃される。
2.ハルペー系のトラップで一網打尽。
3.敵エリアが堅いユニットに埋められてループが困難。
4.まれではあるが“団長”ハイアコスプレ中のえびのの無限ハンデスでループ完成後に蹂躙。

参考レシピ(「空」デッキ軸)

参考レシピでは、
「空を飛ぶ、3つの方法」や「第501統合戦闘航空団」などの「空」を含む属性を持つユニット中心に構成される「空」デッキに、この無限ドローというコンセプト混ぜた型が、安定性、シナジー面で有効であること。
また、ループの都合上、デッキとしては青単で組むと事故が少なくなり運用がしやすいこと。
以上を踏まえ、青単「空」デッキ軸での無限ドローデッキを紹介する。以下にこのデッキと相性が良いカードを挙げる。

   リネット・ビショップが来なかった時の保険。無限プラン要員。
   メリッサ・マオゲームをする千昭でもよいが、属性の点でこちらに軍配。
   もちろん、コンボの安定性や速さを取る場合はゲームをする千昭を優先でも良い。

   ★を使わず敵エリアに穴をあけられ、コンボの起点にもなれる優秀なユニット。

   ボードを埋めたミーナ・ディートリンデ・ヴィルケのサポートは強力。
   敵エリアに空きがあれば、このユニットを残しループを続けることもできる。

  • 登場時誘発起動の除去ユニット
   ループに入れば無限除去が可能。Lvが低い小磯健二日高八雲
   ボードコントロールができるレイシア・ラトゥーイン・トレクワーズとの相性が良い。


青 ユニット 55枚 青 ストラテジー 5枚
奥城いろり 2 和風喫茶『睡蓮』 1
水着の晶穂 1 リーネの初戦果 1
千鳥かなめ 4 あとがき by雨木シュウスケ 3
犬耳の深空 2
鳥井かりん 4 青 トラップ 3
嵩立静香 2 ネウロイ 1
天野翔 3 バーソロミュー洞窟 1
怒りの灯 2 ナビゲーター 1
リネット・ビショップ 4
ペリーヌ・クロステルマン 4
エイラ・イルマタル・ユーティライネン 2
フランチェスカ・ルッキーニ 1
サーニャ・V・リトヴャク 2
宮藤芳佳 4
エーリカ・ハルトマン 2
シャーロット・E・イェーガー 2
ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ 4
坂本美緒 3
エイラ&サーニャ 3
小磯健二 1
日高八雲 1
レイシア・ラトゥーイン・トレクワーズ 1 計63枚

半端な数やピンざししているのは、無限ドローにより手札が多くある場合に多岐にわたる戦術を用意し、状況に合わせた対応を取りやすくするためである。