勇気

キーワード能力のひとつ。
味方エリアか中央エリアに侵入してきた敵に手札から直接ダメージを与える能力。

条件さえ満たしてしまえばメインフェイズ以外のフェイズ中でも起動することができる。また、敵の移動に限らず、効果で置かれたり「決意」で登場した時にも起動できる。

敵が置かれた時にバトルが発生した時は先にバトルを処理する。バトルの前に敵を勇気で倒す、といったことはできないので注意。ただし、バトルの結果敵が残っていれば、その敵に勇気を起動することはできる。

与えるダメージ量は
(そのユニットのレベル+1)×1000
で固定されていたが、「ドラゴンマガジンブロック」からは、
(そのユニットのレベル+3)×1000
と従来のカードを上回るダメージを与えるものが一部登場した。そのかわり、従来のものよりも他の能力値が低めに設定されている。
前者はBP500分、後者はBP1500分に相当する。

総合ルールより引用

第2章 勇気

1.「勇気」は、手札にあるときに効果を発揮する常在型能力であり、同時に、条件を満たした時に起動できる起動型能力です。

2.「勇気―X」を持つカードを手札に持つプレイヤーは、自分のメインフェイズ中に限らずいつでも、「相手のユニットが味方エリアか中央エリアに置かれた時、このカードと同じ色のカードがあなたのエネルギーゾーンにあり、かつこのカードのレベルと同じかそれ以上の枚数のカードがあなたのエネルギーゾーンにあるならば」という「勇気―X」の起動条件が満たされた後、優先権をパスするまで、優先権を持った時に、「このカードを公開し、コストとしてこのカードと同じ色のエネルギーを1支払い、このカードを捨札にすることで、その味方エリアか中央エリアに置かれた相手のユニットにXダメージを与えることができる。」という能力を起動する権利を得ます。ただし、「勇気―X」の起動条件が満たされた後、優先権を得る時に「バトル」または「スマッシュ判定」が終了するまでその「勇気―X」を起動する権利は発生しません。プレイヤーは、「勇気―X」を起動する権利を獲得した後1度でも優先権をパスすると、再び「勇気―X」の起動条件を満たすまで、「勇気―X」を起動する権利を失います。

3.同一のイベントによって、複数の勇気を起動することができます。

4.同一のイベントによって、トラップを発動し、勇気を起動することができます。ただし、一度勇気を起動すると、同じイベントによってトラップを発動することはできません。

勇気3000を持つカード







勇気4000を持つカード







勇気5000を持つカード







勇気6000を持つカード







勇気7000を持つカード







勇気8000を持つカード







この能力に関連した能力を持つカード