エネルギーフェイズ

ゲームのターン内で、三番目に行われるフェイズ。
自分の手札のカードを一枚まで選び、エネルギーゾーンにリリースして置くことができる。

手札のカードをエネルギーに置きたくないという場合もあるだろうが、基本的にこのゲームではエネルギーがないとほとんど何もできないため、最低でもデッキ内のカードの最高レベル分までは毎ターン置いたほうがいいだろう。もし十分にエネルギーがあるのであれば置かなくてもいい。

また、エネルギーにカードを置けるのは原則としてエネルギーフェイズ中のみなので、たとえエネルギーに置いてもいいカードが後で手札に来たとしても、他のフェイズ中にそれをエネルギーに置くことはできない。

総合ルールより引用

第7章 エネルギーフェイズ
1.まず、「エネルギーフェイズの始め」に誘発する能力をすべてバンクに入れ、非アクティブプレイヤーに優先権が発生します。それらを解決した後、アクティブプレイヤーは、バンクが空で、優先権を持っている時に、自分の手札を1枚選んで、持ち主のエネルギーゾーンに表向きにリリース状態で置くことができます。この特別な行動はバンクを使用しません。

2.プレイヤーは、自分または相手のエネルギーフェイズ中の発動または起動する権利を得ている間、コストを支払って、トラップを発動するか勇気を起動することができます。