魔法の定義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奇跡の価値が釣り合わなくなった現象。

本来ならば、何かを得る為には何かを失ったり、行動をして結果を得るのだが、
息を吸うように、そのプロセスをすっ飛ばす行為。

必要ならば得る、必要なければ捨てる。
対価やその行動、原理は不要。
原則も無ければ、価値すらも無い。

残るものは魔法を使った結果が残るだけ。
しかしその魔法を使ったものがいない。

魔法を知る事でその存在意義が消えてしまうとさえいわれている。
それが魔法、それすらも魔法。
存在するだけの夢幻。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。