prepress-tips
メニュー

更新履歴

取得中です。


構造と処理を別の言語で書いて組合せる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 同じソースの中で 構造は日本語プログラムで 処理は通常のプログラム言語で
 書いて 組合わせてみます。
最終更新日時: 2008/12/02    
   ※ このページは ソースの書式を変えてみる のつづきです。
   ※ 実利用できるよう さらに検討したものは → 構造と処理を別の言語で書いて組合せる 2

概要

  • 次のようなプリプロセッサを使って プログラムを作ってみる。
    1. /  ?  *  で始まる行を 構造を記述する言語で書かれた部分と判断し
    2. その他の行を 通常のプログラム言語( perl, javascript, java など )で
      書かれた部分と判断して
    3. ソースコードに変換する。
  • そうすると プログラムを次のように作ることができる。
    1. まず プログラムの構造を 日本語シンボルを使って書き( 構造の記述 )
    2. 日本語シンボルを自動抽出して一覧を作り
         それらの詳細を プログラミング言語で書き足す( 処理の記述 )。
    3. そうすると 自動変換して プログラミング言語のコードができ上がる。

記述法

  • 構造の記述
    日本語のシンボルで記述する。
    • シンボルは 空白 で区別する。
    • 引数は ( ) による表現も可能とする。
  • 使用する構文
    • ならば
    • そうでなければ
    • かつ
  • 行頭の記号
    • /? 注釈      ‥‥ 注釈
    • ? シンボル      ‥‥ 日本語シンボルの定義
    • / 処理の記述      ‥‥ 日本語シンボルによる処理の記述
    • // 処理の注釈      ‥‥ 注釈による処理の記述
    • * シンボル / 識別子      ‥‥ 日本語シンボルの置換の定義
    • * シンボル /      ‥‥ 日本語シンボルのコードへの置換の定義
    • ? シンボル / 識別子      ‥‥ 日本語シンボルとその置換を同時に定義
    • (   )      ‥‥ 引数を記述
    • (?   )      ‥‥ 省略された引数を記述
    • use ファイル名      ‥‥ 参照するファイルの指定

記述のイメージ

  • wgc_story.txt      ‥‥ 構造の記述
  • wgc_list.txt      ‥‥ シンボルの一覧
  • wgc_pl.txt      ‥‥ 処理の記述( 意味的に並べ直したもの )
  • wgc.pl      ‥‥ でき上がるコード( 自動変換されたもの )

変換プログラム( story_to_pl.txt )

  • 使ってみるときは、全角の < を 半角に変えてから( 2箇所あります )、
    ソースの書式を変えてみる2 の txt_to_pl.pl を使って story_to_pl.pl を作って
    ください。
    ※ 単純な構文しか処理できません。不足する機能は 補って使ってください。