prepress-tips
メニュー

更新履歴

取得中です。


qemuと VMware Playerのメモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 qemu と VMware Player 利用のメモ
最終更新日時: 2008/10/23    

windowsXP上で windowsXPを使う(qemu)

  • kqemuのインストール
       kqemu-1.3.0pre11フォルダをどこかにコピー( 解凍 )して
       kqemu.infを右クリックし インストールを選ぶ。
       ( 必要なファイルは kqemu.inf と kqemu.sys の2つのみ )
  • qemuのインストール
       qemu-0.9.1-windowsフォルダをどこかにコピーする。
       この例では "F:\"にコピー( 解凍 )する。
  • ハードディスクのイメージの作成
       次のコマンドを実行する。
       この例では イメージは 20GBとし "F:\" に作る。
cd /d "F:\qemu-0.9.1-windows"
qemu-img.exe create ..\winxp_drive.img 20000M
  • windowsXPのインストール
       CD-ROMからインストールする。
       インストールのときは 次のbatファイルを実行する。
  • windowsXPの起動
       次のbatファイルを実行する。
  • 再起動
    • 問題なくできる。
  • キー入力
    • 起動のときに -k ja を付けてはいけない( 日本語キーボードが使えなくなる )。
      テンキーの NumLockキーの機能は逆転する(?)。
  • インターネット
    • 最初 つながらなかったが
         1) ネットワークを 固定IPとdhcpを切り換えたり
         2) windows media player を起動し 終了
      など しているうちに 自然につながるようになった。
  • ウィンドウズ・アップデート
    • SP3にもアップデートできた( ひたすら忍耐が必要? )。
    • microsfot update をインストールする際、一度 更新を自動にしないと 完了しなかった。

windowsXP上で knoppixを使う(qemu)

  • とりあえず使ってみる。
  • 問題なく動く。インターネットにもつながる。
  • 操作のメモ
    • カーソルを qemuウィンドの外に出すときは ctrl+alt ( あるいは alt+tab など )
    • qemuモニタへの切り替えは ctrl+alt+2
         ここで使うコマンドは help quit など
      knoppixに戻るときは ctrl+alt+1
    • knoppixでコンソールを切り替えるときは ctrl+F1+alt
      ※ ctrl+alt+F1 と押すと 先にウィンドウの外へ出てしまって切り替えられない。
      戻るときは ctrl+F5+alt
    • 再起動ができない。
         CD-ROMを抜いたあと もう一度入れられないため?
    • テンキーの NumLockキーの機能は逆転する(?)。
  • ネットワークについて調べるときは
IPアドレス    ifconfig
DNS         /etc/dhcpc/resolv.conf 
ルーティング  netstat -rn
  • サーバとして使うときは -redirオプションを使う。
SSHサーバ  -redir tcp:22:10.0.2.15:22
webサーバ  -redir tcp:80:10.0.2.15:80
  • 作業用ハードディスクのイメージを作るときは
    容量 1.2GB にするときは
cd /d "F:\qemu-0.9.1-windows"
qemu-img.exe create ..\hd_image.img 1200M
  • そのときの knoppixの起動は
  • 作業用ハードディスク・イメージの初期化は、knoppixを起動して ターミナルの中で行う。
       パーティション1 650MB  Linux
       パーティション2 残り全部  Linux swap
    とするときは
su
cfdisk /dev/hda
 新規作成-基本領域-サイズ( 650MB ),FSタイプ( 83 )
 新規作成-基本領域-サイズ( 残り全部 ),FSタイプ( 82 )
 書き込み
 終了
mkfs.ext3 /dev/hda1
mkswap /dev/hdb2
  • batファイル中にknoppixの起動オプションを指定して 起動させることができる。
    ただし あらかじめ knoppixのisoイメージと同じところに
    isoイメージ内の
       /boot/isolinux/linux
       /boot/isolinux/minirt.gz
    をコピーしておく必要がある。
    ( isoイメージをCD-ROM化したものからコピーする などの方法で )
  • このとき /dev/hda1のルートに knoppix.sh があれば自動的に実行される。
    これを利用して X起動後に自動的に処理を行うようにもできる。
    ( KonquerorのAutostartを利用して )
    ※ このあたりの詳細は knoppix setup を参照のこと。

windowsXP上で windowsXPを使う(VMware Player)

  • windows XP pro のインストール
    次のように winXP_C.vmdk, winXP_D.vmdk, winXP.vmx を作成して
    windowsXPのインストールディスクをセットし winXP.vmxをダブルクリックすると
    VMware Player が実行され windowsXPのインストールが始まる。

windowsXP上windowsXPで速度比較

   qemu / vitual PC 2007 / VMware Player で BENCH5 というソフトで速度を比較。
   結果の数字の見方はよくわからないが、VMware Player なら許せるという感じ。
  • BENCH5とは?
       vectorのベンチマークソフトのページで、最初に表示されたものから適当に選んだもの。
       『このプログラムは、・CPU ・メモリ ・文字描画 ・矩形描画 ・ハードディスク .... の性能を
       重点的に計測したいという趣旨で開発した、ベンチマークテストです。』とあったので。
  • 項目
       Pass Ⅰ ‥‥ 文字描画。
       Pass II ‥‥ 図形のピクセル単位での描画。
       Pass III ‥‥ 図形(画面上ではフォント)を矩形の集合に分割。
       Pass IV ‥‥ 矩形描画。
  • 元のwindows
Pass I  Pass II Pass III Pass IV
69.15    68.84    17.45    39.37
  • qemu
Pass I  Pass II Pass III Pass IV
1334.91  574.09    45.45    4.40
  • virtual PC 2007
Pass I  Pass II Pass III Pass IV
864.51   222.68    21.61    6.41
  • VMware Player
Pass I  Pass II Pass III Pass IV
192.96    70.98    37.50  110.23
  • qemu, virtual PC 2007 の Pass III Pass IV の値は間違っているような気がする。

windowsXP上で knoppixを使う(VMware Player)

  • とりあえず使ってみる。
  • 問題なく動く。速い。起動に時間がかかるが Xenも動く。
    ( knoppix_v5.3.1CD_20080326_xen3.2.1-20080519.iso )
  • 操作のメモ
    • カーソルを qemuウィンドの外に出すときは ctrl+alt
    • knoppixでコンソールを切り替えるときは ctrl+shift+alt+F1
      ※ ctrl+alt+F1 と押すと 先にウィンドウの外へ出てしまって切り替えられない。
      戻るときは 一度クリックして(?) alt+F5
    • 再起動時 CD-ROMの交換もできる。
    • テンキーも正常。