prepress-tips
メニュー

更新履歴

取得中です。


ImageJプラグインの作成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時: 2008/08/05    
windows XP の eclipse で mac OS 9 の java に挑戦 ─ ImageJ のプラグインを作る

      ※この頁のところどころにあるプログラムのサンプルは、このwikiでの表示の都合で
         < > ¥ など 一部の文字は 半角を全角に変えてあります。
         サンプルを実際に試されるときは これらを修正して 試してみてください。

os9のjava

  • OS 9 に java は 始めから入っているみたい。
  • eclipse を使う
    • JREは とりあえずデフォルトにしておき ビルドパスの指定でライブラリを除去する。
    • macから MRJClassesをコピーし JDKClasses.zip と MRJClasses.zip を ビルドパスに追加する。
      • MRJClasses は Macintosh HD:システムフォルダ:機能拡張:MRJ Libraries の中にある。
    • Javaコンパイラーの設定で .classファイルの互換性を 1.1 にしておく。
      • クラスファイル生成の 不要と思うオプションもはずしておく。
    • testパッケージに hiクラスを作り 試してみる。
    • jarファイルにエクスポートする。
     public static void main(String[] args) {
        System.out.println( "Hi!" );
    }
  • JBindery を使う
    • jarファイルを JBindery にドラッグし class name に test.hi を指定して アプリケーションとして保存する。
      • JBindery は Macintosh HD:MRJ SDK 2.2:Tools:Application Builders:JBindery の中にある。
      • class name を指定するとき パッケージ名を忘れずに指定する。
      • Classpathは 何も指定しなくてよい。
  • いろいろ試してみる