prepress-tips
メニュー

更新履歴

取得中です。


usb knoppix


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時: 2009/10/24    

はじめに

  • 手順は USB-Knoppixではじめよう に従いました。
  • knoppix は以下を使いました。
    • knoppix_v5.3.1CD_20080326-20080520-AC.iso
    • knoppix_v5.3.1DVD_20080326-20080523-AC.iso
  • syslinux は syslinux-3.82.zip を使いました。
  • 古いバージョンのセットアップも参考になります。 → knoppix setup
    ( おまけ: knoppixでの ポート・スキャンの参考 → nmap

作業

  1. CD版 Knoppix をダウンロードし CD-R に書き込む。 または
    DVD版 Knoppix をダウンロードし DVD-R に書き込む。
  2. CD版 Knoppix を起動して 4GB USBメモリ を初期化する。 または
    DVD版 Knoppix を起動して 8GB USBメモリ を初期化する。
    • USBメモリを接続してから QTpartedを起動する。
    • パーティションは次のようにする。
         パーティション1 CD版 740MB ( DVD版 4600MB ) fat32
         パーティション2 残り全部 ext3
    • うまきいかないときは
      デバイスを右クリックして「新規パーティションテーブルの作成」を実行する。
  3. windows で起動し直して ( もしくは 別の windows PC で )
    CD-ROM または DVD からの起動に必要なファイル をUSBメモリにコピーする。
    • boot フォルダ内の isolinux フォルダ
         中のファイルをすべて USBメモリのルート直下 にコピーする。
    • isolinux.cfg ファイルのみ さらに syslinux.cfg の名前でコピーしておく。
  4. syslinuxを実行して USBメモリから起動できるようにする。
    • syslinux-3.82.zip の win32\syslinux.exe のみを解凍し
      コマンドプロンプトを開いて その中にドラッグして
      syslinux.exe -a 'USBメモリのドライブ名':
      を実行する( -a はアクティベートの意味 )。
    • これで knoppixの起動画面は表示されるようになるので
      USBメモリからうまく起動できないときは ここまでを何度も繰り返す。
      windowsで USBメモリ全体を初期化 してから試すとうまくいくこともある。
      Linuxで 容量を変えて初期化しなおす方が効果的なよう。
  5. Knoppix の必要ファイルを CD-R または DVD-R から USBメモリ にコピーする。
    • KNOPPIX フォルダ
         フォルダごと USBメモリのルート直下 にコピーする。
    • ハッシュのチェックは md5make がうまく動かないようなので
      HashChecker を使用。
  6. USBメモリで起動する。
    • 再起動時にUSBドライブが認識されないときは
      Knoppix 起動時のオプションに noeject を指定するのがよさそう。

Knoppix起動時のオプション

  • syslinux.cfg を修正する。
    • オプションの説明は knoppix-cheatcodes.txt にある。
  1. DEFAULT linux の設定を変える。
    APPEND の冒頭に以下を追加する。
       noswap nodhcp noeject myconf=scan
  2. TIMEOUT を 100 に変更する。
  3. LABEL knoppix の設定をコピーして LABEL usb_knoppix を作り
    APPEND の冒頭に以下を追加する。
       noswap nodhcp noeject
  4. LABEL knoppix の設定をコピーして LABEL myconf を作り
    APPEND の冒頭に以下を追加する。
       noswap nodhcp noeject myconf=scan

起動後の作業用ツール

  • あらかじめ 作業用ツールをコピーしておくと あとの作業が楽になる。
    • 一時的にネットワークの設定を変えるスクリプト change_network.sh
    • smbマウントのスクリプト smb_mount.sh

起動後の自動処理の設定

  • ネットワークの設定 等
    1. Knoppix - Network/Internet Configuration を実行して
      ネットワークカードを設定し
      パーティション2のドライブの ルート直下に myconf フォルダを作り
      以下のファイルをコピーする。
         /etc/network/interfaces IPアドレスの設定
         /etc/dhcpc/resolv.conf DNSの設定
  • X起動後の自動処理の設定 等
    1. たとえば myconf フォルダの中に apache2.sh や sshd.sh を置く。
    • apache2 を起動するスクリプト apache2.sh
    • sshd を起動するスクリプト sshd.sh
  • knoppix起動後の自動処理
    1. パーティション2のドライブの ルート直下に knoppix.sh を置く。
    • 以下は knoppix.sh の例( クリックで表示 )

apache2の設定

  • サイトの設定
    1. 設定ファイルをコピーして
         cp /Folder-somewhere/Local-site /etc/apache2/conf.d
    2. 設定ファイルを読み直す。
         /etc/init.d/apache2 reload
  • OpenTaskの設置
    1. 必要なフォルダを作り パーミッションを設定する。
         unzip -X opentask_1_0.zip
    2. /var/www フォルダの中にシンボリックリンクを作る。
         ln -s /somewhere/opentask /var/www/task-share
      シンボリックリンクの名前が サイトの名前になる。
    3. .htaccess でアクセス権を設定する。
  • FreeStyleWikiの設置
    1. 必要なフォルダを作り パーミッションを設定する。
         ./setup.sh
    2. フォルダの所有者を knoppix:knoppix に変える。
         chown -R knoppix:knoppix /someWhere/FreeStyleWiki
    3. /var/www フォルダの中にシンボリックリンクを作る。
         ln -s /someWhere/FreeStyleWiki /var/www

sshdの設定

  • アクセス許可のファイル
    • /etc/hosts.allow
         sshd : 192.168.x.xx : ALLOW など
         この設定を入れておくと 最初の応答がすばやく返ってくる。
    • /etc/hosts.deny
  • 設定ファイル
    • /etc/ssh/sshd_config
         UseDNS no を入れておくと ユーザ名を入力してからの応答が
         すばやく返ってくる。
         鍵だけの認証にするときは 次の2行を入れておく。
         PasswordAuthentication no
         ChallengeResponseAuthentication no
  • ホストの鍵
    • /etc/ssh の中の
      ssh_host_key , ssh_host_key.pub
      ssh_host_rsa_key , ssh_host_rsa_key.pub
      ssh_host_dsa_key , ssh_host_dsa_key.pub
  • knoppixの鍵
    • /home/knoppix/.ssh の中のauthorized_keys
  • これらのファイルを myconf フォルダの中の ssh フォルダにコピーしておいて
    knoppix.sh の中で設定すればよい。
  • 起動と再起動
    • 起動   /usr/sbin/sshstart
    • 再起動 kill -HUP `cat /var/run/sshd.pid`

その他

  • PS2マウスが動かないが usbマウスも接続 しておくと なぜか動く。
  • Atheros社ネットワークカードへの対応
    • Atheros AR8121/AR8113/AR8114 PCI-E Ethernet Controller
         デフォルトではカードが認識されない。
    • ドライバの作成( PC添付CDを使うとき )
         linux-v1.0.0.7/src フォルダ内で 次のようにコンパイルする。
            KBUILD_NOPEDANTIC=1 make install
    • ドライバの作成( メーカーサイトからダウンロードするとき )
         AR81Family-linux-v1.0.1.0.tar.gz を メーカーサイト からダウンロード
         して展開し srcフォルダ内で次のようにコンパイルする。
            make install
         展開時にエラーが表示されるが 無視して構わない。
    • ドライバのインストール先
         /lib/modules/2.6.24.4/kernel/drivers/net/atl1e/atl1e.ko
         これを myconf にコピーしておく。
    • ドライバの設置
         knoppix.sh に以下を追加しておく。
  • zipファイルの文字コード変換
    • ./zip_u2s.pl filename.zip
         ファイル名を utf8 → sjis 変換し filename_sj.zip に書き出す。
    • ./zip_s2u.pl filename.zip
         ファイル名を sjis → utf8 変換し filename_u8.zip に書き出す。

.                                                              .