動作環境 > 動作対象


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Windows XP/Vista/7 の各OS(32bit及び64bit)で正常動作が確認されております。
動作条件として以下の環境が必要になります。

Windows2000は動作対象外となります(DirectX/SlimDX/.NET4など主要コンポーネントが標準では非対応のため)
0.0.7.4以降ベース環境が.NET Framework4.0へ変更になりました。
.NET Framework4.0 及び Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ の追加インストールが必要になります。
重要
WindowsVista以降のOSにて、DirectX10以降がインストール済みの場合でも、DirectXランタイム(DirectX9)は個別のインストール作業が必要になります。
また同DirectX9が既にインストールされていても、バージョン違いにより正しく動作しない可能性があります。
対象環境で起動されない原因のほとんどは"DirectXランタイムのインストールミス"ですので、特にご注意ください。
◆上に戻る

  • 必須ランタイム
    .NET Framework4.0 (3.5以下もインストール推奨)
    DirectXランタイム
    Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
    SlimDX(同梱)

    PMDEditor/VMDViewの全ての機能を利用するには、シェーダモデル3.0以降に対応したグラフィックボードが必要になります。
    (PMDEditorはシェーダモデル2.0までの機能しか使いません)
  • ランタイム参考 起動に失敗する場合は上記ランタイムが正しくインストールされているかご確認ください。また下記「DLLのブロック解除について」をご確認ください。

    インストール作業後でも対象環境が正しく構築されない状況があるようです(詳細不明)
    SlimDXを個別インストールしている場合はバージョンによって動作に不具合が出る可能性もありますのでご注意ください。
    SlimDXランタイムのインストールによって起動するようになる場合がありますが、 SlimDXインストール時に同時に必要なDirectXランタイムがインストールされることに起因します
    (正しくDirectXランタイムのインストールが行われていれば必要ありません)
    0.0.6.2以降SlimDXのバージョンが変更になりました。それ以前のPMDエディタからの移行の場合、環境によってはDirectXランタイム等再インストールの必要があるかもしれません。
    0.0.7.4にて、さらに SlimDX2010 June へ変更
  • DLLのブロック解除について
    インターネットを通して取得したファイルを取り扱う場合、OSのセキュリティ機能によって動作が制限される可能性があります。
    同梱のDLLに関して多数のエラーが表示され起動しない場合などは、当該ファイルのプロパティからブロック解除の操作を行ってください。
    (解凍前のZIPの状態で行うと一度の解除操作で解決するかと思われます)
    また一般に配布されている解凍ツールを使用することで、これらの問題を回避することが可能です。
    ※WinZIPなどツールによっては回避できないこともあるようです。