※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

病原体図鑑

新しい病原体でゲームをクリアするたびに次の病原体がアンロックされます(難易度は不問)
アンロックされる順番に記載してあります。

バクテリア

長所
  • スタート時から熱帯耐性1と寒冷耐性1の効果を発揮している(隠しステータス)
  • 固有の進化「バクテリア抵抗力」(全ての気候での耐性が上昇)
短所
  • 特に無し
ワンポイント
  • 最初からプレイできる病原菌。そのためクセがなく、安定している万能型。
  • スタート時の隠し能力と固有進化のおかげで気温の変化に強い。


ウイルス

長所
  • 変異しやすい
  • 固有の進化「ウイルス不安定度」(変異確率上昇)
短所
  • 変異しやすい(後述)
ワンポイント
  • 変異しやすいのは危険度が上昇しやすい、ということでもあるので諸刃の剣。
    どの変異を退化させて、どの変異を活かすのかの判断が重要。
    あるいは、遺伝コードの進化遺伝子を使って上手く制御してあげよう。

真菌

長所
  • 固有の進化「胞子破裂」(ランダムな新たな国を感染させる)
  • 「胞子爆発」(複数の新たな国を感染させる。胞子破裂を6つ取得すると解禁)
  • 「胞子強化」(胞子を強化し生存能力を上げる。
    また、定期的に胞子破裂の効果が発動する。胞子爆発を2つ取得すると解禁)
短所
  • 長距離移動が難しい(国家間の感染が起こりにくい)
ワンポイント
  • 長所と短所が相反している病原菌。
    今までの調子でプレイしていると、終盤になっても未感染国がかなり残ってしまう
    「胞子破裂」は強力だがコストが高く、感染国もランダムなので慎重に運用しよう

脳食い虫

長所
  • 非常に多くの固有の進化を持っている
  • 能力形質「トロイの飛行機」(感染者を指定した国に移動させる。
    1つ取得すれば、あとは定期的にトロイが発動する。空港の無い国や、空港が閉鎖されている国でも有効)
  • 伝染形質「遺伝子交換」「変異再生」(変異の確立を上げる)
  • 伝染形質「死○食い」(感染力上昇。死者が出ている国は更に感染力が上がる)
  • 症状形質は完全に独立した脳食い虫固有のものです。全ては書ききれないので、およそ4種類に分類しました。
    精神を操って危険度を下げる系統。知覚を操って治療を困難にさせる系統。
    行動を操って感染力を上げる系統。自傷行為をさせて致死率をあげる系統。
    精神系の「超越」を取得すると人類を殺さずにゲームクリアとなる。
短所
  • 伝染形質を取得すると危険度が上昇(通常の病原菌は伝染形質で危険度は上昇しない)
ワンポイント
  • 全人類が感染していた場合「超越」を取得すると即座にクリアになります(致死性は死亡するまで時間がかかる)

パラサイト

長所
  • 固有の進化「共生」(危険度を下げる。最終段階まで取得すると感染力も上昇。
    危険度はマイナスまで下がるため、序盤に取得しても無駄にならない)
短所
  • 感染によるDNAポイント取得が小さい(レッド、オレンジバルーンによるボーナスは通常通り)
  • スタート時の危険度が高い
ワンポイント
  • 「共生」のおかげで発見されにくいが、最初から危険度が高く設定されているので
    いかに早く「共生」を取得して潜伏するかが重要。
    遺伝コード「ATPブースト」との相性が良い

プリオン

長所
  • 固有の進化「神経萎縮」(治療薬の開発を遅らせる)
短所
  • 進化に時間がかかる(○○耐性上昇などを取得しても効果がでるまでタイムラグがある)
ワンポイント
  • 寒い地域に感染したから寒冷耐性を取得……という普通の戦略が通じない、
    地味にやっかいな病原体。こちらの動きが遅い分、固有の進化で人間を妨害できるので
    感染も治療も遅いスローペースなゲーム展開になりがち

ネクロアウイルス

長所
  • 多くの固有の進化を持っている
  • 専用の遺伝子コードがある
  • 国をゾンビで壊滅させるとゾンビバブルが出現(ボーナスポイント)
  • 「細胞変性組成」(死者をゾンビに変える。これを取得することで、多くの項目がアンロックされる)
  • 能力形質「集団本能」(ゾンビを指定した国へ移動させる。一度取得すれば何度でも使える)
短所
  • ゾンビは時間経過で減っていく(腐敗していく)
  • 暑い国では腐敗速度が加速する
  • Z.COMというゾンビを撃退する組織がある(治療薬CUREとは別)
ワンポイント

ナノウイルス

長所
  • 致死性がやや高い
  • 固有能力がやや強力
短所
  • 最初からワクチン製造がスタートしている

生物兵器

長所
  • 致死性が物凄く高い
  • 固有能力が恐ろしく強い
短所
  • 超見つかりやすい
  • 最初から危険度が高い




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー