※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「その8」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

その8」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 一夜明けた早朝、クチバジム前 
 ピカチュウさんの表情はサントアンヌ号の時とは比べ物にならないほど憎しみに染まっていた。 
 ピカチュウさんの身体からはすでに黒い稲妻が渦を巻き、バチバチと音をたてている。 
 ピカチュウ「軍の犬め・・生きていられると思うなよッッ!!」 
 開口一閃、ピカチュウさんはクチバジムの建物を消し飛ばした。 
 この一撃でクチバシティの住民は朝を迎えたのだ。 
 瓦礫の下からマチスとライチュウが現れる。 
 マチス「朝っぱらから迷惑な小ネズミちゃんデース。ライチュウが居なければワタシ死んでマシタ・・・」 
 ライチュウ「・・・・」 
 マチスの傍で立っているライチュウに生気は無く、目はあさっての方を向いている。 
 十中八九、軍の生体実験で無理やり進化させられたのだ・・・ 
 その違和感に気付いたピカチュウさんはおっしゃった。 
 ピカチュウ「ライチュウ・・・せめて痛みを感じることなく安らかに逝くがいい」 
 サトシはそれを聞いてピカチュウさんの怒りをなぞるように言う!! 
 サトシ「マチス・・・!!俺と勝負だ!!」 
 
 
 サトシの言葉を聞いたピカチュウさんはその成長ぶりに一瞬はにかんだが、すぐにもとの憎しみに満ちた視線でマチスをにらむ 
 マチス「オーゥこわいこわいピカチュウちゃんデース睨まないでくだサーイ」 
 ピカチュウ「舐めやがってこのジンガイ野郎・・・こいつは殺すぜ・・・」 
 ピカチュウさんは本気のようだ。ライチュウを送ってからの事は止めても無駄だろう・・・ 
 とも思ったが、ピカチュウさんの『もしもの時は頼む』この言葉を思い出し、この時、止める決意を密かにするのであった。 
 マチス「ではそろそろ始めまショウ!!ライチュウ、スパークしなサーイ」 
 相変わらず目の色は変わらず、しかし激しい電気がライチュウを包む。 
 ライチュウ「・・・・」 
 マチス「そのまま突撃デース!!」 
 強い電気を帯びたライチュウがピカチュウさんに突撃してくる。 
 ピカチュウさんは軌道を読み、高速移動で回避する。 
 ピカチュウさんはそのままマチスの方へ。 
 ピカチュウ「てめぇの命は・・・頂くぜ・・・マチスゥゥゥッ!!」 
 マチスもさすがに軍人・・・すんでの所でライチュウを盾にする。 
 神速を超えた打撃はライチュウの腹部のすんでで止まり、場の空気は一瞬凍りつく。 
 ライチュウ「・・・・」 
 マチス「ふぅ・・なんてトンデモピカチュウデース。トレーナーを攻撃するなんて・・・教育不足デース」 
 当然だろう。教育されてるのはサトシの方なのだから。 
 ピカチュウさんはライチュウを盾にされ怒りが最高潮に達した。 
 ピカチュウ「サトシ・・・もしてめぇが俺様にあんなことをしやがったら・・・わかるよなぁ・・・」 
 サトシ「・・・ハイ。」 
 ピカチュウさんの目の色は正気を失っておられた。 
 マチス「さあ、ライチュウ攻撃デース!!10万ボルトデース!!」 
 ライチュウは表情も変えず雷を走らせる。 
 ほぼ空き地となったクチバジム跡に電撃で亀裂が描かれる。 
 ライチュウ「・・・・」 
 すばやい身のこなしで電撃を避け再度マチスを襲うピカチュウさん。 
 しかしまたマチスはライチュウを盾に。 
+ピカチュウさんはライチュウの正面で止まる。 
+マチス「あっぶないネズミデース!!ライチュウ、メガトンパンチデース」 
+ライチュウ「・・・・ロシテ・・・」 
+ピカチュウさんの耳に何かが聞こえた。 
+ライチュウ「・・・・コ・・ロシテ・・キミ・・・ノ・・チカラナラ・・ボクゴト・・・コイツ・・ヲ、ツラ・・ヌケル」 
+精一杯の声だった。もちろんマチスには聞こえていない。言語が違うからだ。 
+マチス「どうしたんデスカ?言うことを聞きなサーイ」 
+通常、軍の被検体にされたポケモンはトレーナーの言うことを全て聞くようプログラムされる。 
+それに対抗しているライチュウは死を覚悟していた。 
+ライチュウ「・・・イマ・・・シカ・・・・ナイ」 
+ピカチュウさんの顔からは険が抜け、やさしく言う。 
+ピカチュウ「ライチュウ、お前の覚悟・・・受け取った・・・俺の中で生きよッッ!!」 
+激しい閃光とともに渾身の電撃がライチュウの身体を貫く。 
+ライチュウ「アリ・・・ガ・・トウ」 
+それがライチュウの最後の言葉だった。 
+
+
+ライチュウもを貫いた電撃は皮肉にもライチュウを盾とし、マチスを殺害するまでに至らなかった。 
+満身創痍のマチスは口をあける 
+マチス「・・・なんてことデース・・・・家畜め・・・ワタシの言うことを聞かないから・・ワタシまでこんな目に・・・FUCK!!FUCKIN’BITCH!!」 
+命を捨ててまでライチュウが憎み、従わされ続けてきた男。マチス。 
+ピカチュウさんはこれまでにない怒りに我を忘れておられた。 
+ピカチュウさんは骸となったライチュウを贄に蝕の儀式を始めようとしていた。 
+空は雷鳴に包まれ、クチバの港には竜巻が起きはじめた。 
+サトシはそれを見て止めに入る。 
+サトシ「やめてくださいッッ!!ピカチュウさんッッ!!」 
+ピカチュウ「・・・」 
+返事がない・・・儀式に全ての精神力をささげているのだ。 
+ライチュウの無念の為に。 
+ピカチュウ「・・・来たッッ」 
+
+
+ライチュウの骸は巨大な赤黒い雷に姿を変え、マチスの頭上に蠢く。 
+もう止まらない、後はマチスを燃やすのみ・・・ 
+マチス「オーマイガッ・・・オー・・・マイガッ!!」 
+マチスは恐怖のあまり小便を垂れ、気を失った。 
+そのときだった。サトシの一言がピカチュウさんを正気に戻した。 
+サトシ「ピカチュウさん、あなたはそんなクズを殺してその御手を染めるべきじゃない!!」 
+ピカチュウ「サトシ・・・」 
+ピカチュウさんは手をとめ、ライチュウの雷鳴を自身の身体に収めた。 
+サトシ「約束・・・果たしましたよ・・・」 
+ピカチュウ「今回は見逃してやるが・・・今度俺に顔を見せたら、確実に殺す。サトシ、お前が止めてもな・・・」 
+こうして気を失ったマチスからバッジを奪い取り、クチバジムの戦いは幕を閉じた。