特定に役立つ知識


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

尿

尿(にょう、いばり)は、腎臓により生産される液体状の排泄物。血液中の水分や不要物、老廃物からなる。
小便(しょうべん)、ションベン(しょんべん)、小水(しょうすい)、お尿(おにょう)、ハルン(はるん)、おしっこ(しっこ)とも呼ばれる。古くは「ゆばり」「ゆまり」(湯放)と言った。さらに特殊な呼び方は下に記す。
尿の生産・排泄に関わる器官を泌尿器と呼ぶ。ヒトの場合、腎臓で血液から濾し取られることで生産された尿は、尿管を経由して膀胱に蓄積され尿道口から排出される。
生産量は水分摂取量にもよるが、1時間あたり60ml、1日約1.5リットルである。膀胱の容量は、成人で平均して500ml程度で、膀胱総容積の4/5程度蓄積されると大脳に信号が送られ、尿意を感じる。
(wikipediaより引用)

膀胱

上述の通り、膀胱の容量は成人で平均して500ml程度であるが、人によって、約250 - 600ml程度と、個人差が大きい。
体の大きさはあまり関係なく、小柄な女性でも1L以上我慢できる人もいる。
尿の生成が一日約1.5リットルであるので、単純計算でヒトは一日3~6回の排尿を行うことになる。

男女の違い

男性の尿道はほぼ20センチの長さで、周りの組織にしっかり囲まれ固定されており、また膀胱の出口には前立腺がある。
対して女性の尿道は約3センチのまっすぐな管で、出口は内臓を支えている筋肉に囲まれている。
構造的に男性よりも女性の方が尿が出やすく、出口の抵抗が弱まったためにおきる腹圧性尿失禁は圧倒的に女性が多い。
逆に男性は加齢とともに排尿困難をおこしやすい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。