登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲーム自体は設定を何も知らないままでも
クリアできる感じになります。


  • 主人公 姿・名前はプレイヤーが選択する 
"記憶喪失"のヒト。 無口(喋るシーンは選択肢で選べるときのみ)。
ある日、ベイス街の森の中で記憶を失い倒れていた。
プローラとしてパストロードを制覇する事で生計を立て、
様々な街をめぐり 自分の記憶を探してゆく。

+ ネタバレ-エンディングまでの活躍


  • パートナー 姿・名前はプレイヤーが選択する  一人称:オレ(男)、ワタシ(女)
主人公と出会い、主人公とともに主人公の記憶を探す。
元気な性格だが、根は臆病。
主人公との冒険を経ていく中で、様々な面で成長していく。

+ ネタバレ-エンディングまでの活躍


  • ウォリス 一人称:わし  色:紫
物知りとして有名な、クマの老人。 ベイス街に暮らしている。
プレーブの実家では火薬を売っている。

  • メルス 一人称:オレ  色:紫
黒い翼の生えた、ヒツジの男性。
冒険の途中で幾度と無く主人公たちの邪魔をする。

  • ネオン 一人称:僕  色:黒
オオカミの男性。 非常にハイスペックで 見るからに怪しい。
いわゆる『ガイド役』で、主人公たちの行く先々に現れては
様々な問題のヒントを教えたり、主人公やパートナーの相談相手にもなる。

+ ネタバレ-プローラ編での活躍

  • ベスティ   一人称:ぼく  色:緑
トカゲの少年。 マークの弟。 プレーブに暮らしている。
急に姿を消したマークを探している。
+ ネタバレ-マーク編での活躍


  • マーク   一人称:おれ  色:青
トカゲの姿をした男性。 プレーブ暮らしている…?
無口で、何を考えているかわからない。 ある日突然姿を消してしまった。
+ ネタバレ-マーク編での活躍

  • パントム  一人称:ボク  色:白
かわいらしい容姿の少年。 幽霊のような姿をしている。
子供の姿をしているが、豊富な知識を持ち
その知識は劇団ピシャスで大いに活躍する。

  • クレイス  一人称:私  色:緑
イヌの姿をした、中年の男性。 プログレスシティに暮らしていた。
プログレスシティからやってきて、ベイス街にロボットを普及させた。

  • アラム  一人称:私、おれ  色:青
ライオンの姿をした青年。
自称『心を持たせるプログラム』というものを作り、
プログレスの住民を混乱に陥れる。

  • チレン  一人称:ぼく  色:茶
クレイスをしたう、リスの姿をした少年。 プログレスに暮らしている。
時々何かを拾ってくる。

  • レナ  一人称:私  色:白
九つの尾を持つキツネの女性。
ネオンの家に暮らす、『ガイド役』その2。 少しくだけた口調で喋る。
ネオンと一緒に出る事も、一人で出てくる事もある。

  • サング  一人称:わたし  色:水
ある日、主人公たちの近くに引っ越してきたウサギの姿の女性。 
シンクと非常に似た容姿をしている。
無表情だが、明るく どこか抜けた性格をしている。

  • シンク 一人称:わたし  色:水
ある日、主人公たちの近くに引っ越してきたウサギの姿の青年。
サングと非常に似た容姿をしている。
無表情で、得体の知れない雰囲気を持ち
容姿とは裏腹に 話す内容や、シンクの持つ悩みは非常に深い。

  • アーロン 一人称:おれ  色:黄
オオカミの姿をした少年。 プログレスシティの住民を襲っていた。
誰にも合わず、一人で過ごしてきたため 善悪の区別が付かない。
ウォリスの事を慕っている。

  • ネイア   一人称:わたし  色:白(銀)
ドラゴンのメス。 丁寧な口調で喋る。
口を使って話す事は無く、テレパシーで話しかける。
物語の後半、様々な場所に現れ 珍しい道具を安めの値段で売る。

  • くろいかげ
『つばさのダンジョン』で出てきた人物。 どうやら男性のようだ。
非常に強力な力を持ち、主人公の事も何か知っているようだ。

  • しろいかげ
『つばさのダンジョン』で出てきた人物。 どうやら女性のようだ。
非常に強力な力を持ち、主人公の事も何か知っているようだ。




+ エンディング後に出てくる人々
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。