匿名性に関する話題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一方向性

匿名を語る上で重要となるのが「一方向性」である。
ハッシュ関数、論理和などは一方向性といえる。
関数Hがあるとして、x→H→yと値が変換されるとき、xからyは簡単に求めることができるが、
yから計算に使われたxを推測することが(それなりに)困難になるとき、Hを一方向性の関数という。
ちなみに公開鍵暗号は、素因数分解の困難さと、素数の乗算の容易さという一方向性を利用している。
一方向性を利用することで、重要なデータを逆算できなくしたり、署名を偽造できなくすることができる。

どこまでを匿名とするか

既存のP2P掲示板はユーザーに対して一つ(もしくは複数)のIDが割り当てられ書き込みに対して、どのIDが書き込んだかがわかる。
しかし、IDから個人を特定する方法を用意していない。