※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 人間不信
ミズキは今の両親の実の子供ではない。
実は、ミズキの母が強姦魔に襲われてできた子供なのだ。
母親やその両親は生むのを猛反対したが、本当の血の繋がりのない父親だけが
命を粗末にするんじゃないと、生むことに賛成した。

そうしてミズキが生まれる。

しかし、母親は得体の知れない血の混じった自分の子供を
どうしても受け入れられず、邪険に扱ってしまう。
幼いミズキでも嫌われていることは何となくわかっていた。
それでも父親だけはミズキを実の子供のように可愛がった。
大きな休みがくると自分の職場(サブウェイ)にも連れて行った。
ミズキは父が大好きだった。

ミズキが18歳のころ父親が不慮の事故で他界する。
父親が他界した時に、母親がとうとう耐えられなくなって
父親と本当の血のつながりがないことを話してしまった。
お前は強姦魔の子供だ、と。
あるべき命ではないんだ、と。
ミズキは自分を嫌った。自分は人と関わってはいけないと思った。
自分は子孫を残してはいけないと思った。強姦魔の血は絶やさなければならないと。
と、同時に性を憎んだ。性行為を憎んだ。
子孫を残す行為を快楽としかとらえていない人間を憎んだ。

ミズキはこの真実を知って、ますます父親が好きになった。
父のようになりたいと思った。
そうして、鉄道員になることを決意した。

  • ケチャップ
ミズキの両親は共働きで、ミズキはいつも一人だった。
両親は早朝に出かけ、二、三日帰ってこないこともある。
そのため、食事は自分で用意しなければならない。
しかし幼いミズキは用意できるはずもなく、冷蔵庫の食べれるものを漁るようにして食べていた。
ケチャップに依存しているのはそのため。ケチャップをかければ何でもおいしく食べられたので
それからケチャップを重宝するようになる。
自分はケチャップに命を救われた。むしろケチャップが命だ、と。