キャラ性能


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ワラキアの夜
全スタイル共通してリーチが長く、ファンブル等の中距離のけん制が強い。
中距離のけん制はあるものの端対端の遠距離に届くけん制はない。
弱い部分はしゃがみ姿勢が高く鴨音(ネロワラ限定鴨音も多くある)がされやすく、
体力が残りが多いと受けるダメが多いが、根性値が高かったりする。

ここからはスタイル別の特徴。

  • クレセントムーンスタイル
ワラキアの中で一番万能なスタイル。
とりあえずこのスタイルが使えればどのキャラ相手でも問題はない。
簡単に言えば、リーチががあり機動力もあるキャラ。
固めが上位のキャラと比べ強いというわけではないので立ち回りキャラであると思う。
ファンブルや七夜といった使いやすいけん制技や
オンステや空中横カットによる空中行動の多さに加え、
ダッシュのあの速さ+リーチの長さなので立ち回りが強いというのは言うまでもないだろう。
ただ2Aが6Fなので、切り返しをする際にはゲージを使ったりする必要が出てくる場合がある。
開放といった切り替えしも強く、Cはスタイル上ゲージ回収がいいので
捕まった場合も開放で誤魔化すことがしやすい。
ただゲージがない場合は直ガや割り切った暴れやいれっぱをする必要が
あるのでゲージがなく捕まった場合は危ないキャラではある。

  • ハーフムーンスタイル
スレではよくCの劣化と言われるスタイル。
CにあるBE5C,BE2C,BE6C,オンステ、空中レプがなく代わりに、
Hには2Aや5Bや623A、空中B横カット、JBの性能の違い、ワンツースリーの追加などの
Cとの違いを使う際に生かしていきたい。
技を考えると単純にCより劣っているように思えるが主に5Bや623Aの対空が
Cにない強みなのでCより対空をしていきたいという人にオススメなスタイル。
ただ、CよりHのほうがスタイル上のゲージ回収も少なくこちらも2Aが6Fであり、
開放や直ガもないので切り替えしがつらいと言えばつらい。
Hなのでバンカーという切り替えしが強いが100%になったりオートヒートになったりと
スタイル上ゲージ管理が難しいとよく言われる。

  • フルムーンスタイル
メルブラには唯一のダッシュがホバーダッシュのキャラ。
なので、CHスタイルと比べると特殊なキャラという扱いか。
ゲージ溜めや鬼火設置等待ちの性能やホバタを用いた崩し性能が優秀。
そしてブラック・クラックという変わった技やBE2Cループコンにより、
コンボの伸びが色々とあるのが面白いキャラでもある。
他スタイルと比べ2Aが4Fなのも強み。
ただしダッシュがホバダであるので立ち回りで辛いキャラが結構いるので
F1択でやり続けるには少々心が折れる要素も出てくるかもしれない。
また、シルカンからのキャラ限ではあるがコンボがちゃんと出来るとゲージ回収と火力もよく、
崩し性能がいいので荒らして無理やりターンを取って勝つというプレイングも可能。