起き攻め(クレセント)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 投げ後の起き攻め
ここからの択としては七夜を置いて択を迫るorオンステによる表裏択などがAAとして新しくあるネタだろうか。
他にもファンブル詐欺重ね(こちらはEX卍後の起き攻めで)や端で前Jから中下の択というのもある。
  • 七夜投げ(極死投げ)
レプ七夜の硬直がACに比べとても減ったので投げ>(ちょい後ろ歩き)七夜>投げといった択である。
七夜が置かれているので暴れても七夜ヒット後にコンボにいける等こっちが有利な読み合いの択。
その読み合いの択について(ダッシュはしますが毎回あるとあれなので省きます)
 ・投げ
投げ択、シールドやガード、バンカーに勝てるがバクステ、投げ抜け、昇竜等に負ける
 ・5A投げ
投げ択、連携の項に書いた6A>6C+E。いれっぱに勝てる択で且つ投げというのが強い
しゃがみガード、いれっぱに勝てるがシールド、バクステ、昇竜、遅らせた投げ等に負ける。
 ・2A
打撃択。2Aのみというよりその後に何をするかで勝てる行動がちょっと増える
立ちガ、いれっぱに勝てるがバクステ、シールド、昇竜に負ける
2A>2Cとすればバクステは狩ることが出来る。
2A>7入力>低ダとすればシールド時はチキガでヒット時も繋ぐことが出来る。
 ・ガード
様子見択、主に昇竜に対して。
ダッシュガードだと投げ抜けではなく投げを擦っている相手には投げられる点に注意。
 ・ジャンプ
様子見択
投げ抜けをしてくる相手や対策を詰めてそうな相手にほど何かが漏れて七夜に当たってくれる印象。

要約すればこっちが有利な読み合いをしかけれるってだけではあるので
どういう行動をするかはここにかいてあるだけどなく各々でどうぞ。
昇竜に負けるとかいてありますが
無敵の短い昇竜の場合はこっちが相手の昇竜を受け相手は七夜を受けているという状況になります。
また画面端で七夜投げをした場合、普通の投げよりノックバックが離れないので
普通以上に後ろ歩きをするorもう1度七夜投げの択にはいけない点に注意。

  • オンステ表裏
Bオンステを使った表裏択で有利時間が長いので最低空や最速でやることを
あまり意識しなくても大丈夫なのがありがたい。
逆に投げ後に、最速で最低空でやってしまうと
起き上がる結構前に着地をして表裏が分かるだけでもあります。
ちょっと待って最低空気味にBオンステをやるか投げた後に後ろJをしてBオンステをするといった感じです。
JBの出すタイミングで表裏が決まります。

ちなみに投げ後の有利時間≒BE5C>J2C〆といった感じなのでJ2C〆のときも同じように出来ます。
BE6C>J2C〆の場合はこれより有利時間が少ないので多少改良しましょう。


  • EX卍後の起き攻め

EX卍後は有利フレは投げ後ほどは長くはないが、それでも起き攻めのやり様はあるといった感じ
主にファンブル重ねやダウン追い討ち、ジャンプからの中下やオンステ表裏も出来る

 ・ファンブル重ね
ファンブルの持続重ねが有利フレを取れる上、
卍のヒット数とキャラ次第で相手の昇竜系の攻撃を詐欺することが出来る起き攻め。
ただし、バンカーやくらい逃げに注意してないといけなかったり、
中央だとシルカンとバクステで2択にしてくる相手に対しては使いづらい。
ちなみに下にある8ヒット時のコンボは~てきとう>2C>5C(2)>前J>JC>JB(1)>後ろJ>JC>EX卍です。
 ・7ヒット時
F青子B昇竜、のびEXスラ、FのびC昇竜、CHキシマEX昇竜、FリーズBC昇竜AD
ワラEX623236、メカ22C、制服EX昇竜、さつきEX行く、レンEXロンド、ネロ幻想種ハエ
 ・8ヒット時
CHF青子EX昇竜、CHのび昇竜、姫昇竜、七夜B昇竜、シエルセブンス、CHリーズBC昇竜
VシEX縦F214C、ロア昇竜、両秋葉EX紅葉、アルク22B、F翡翠623C、H琥珀EX昇竜、白膝
(白はファンブル1ヒット時なのでシビアといえばシビア
他にもそういうキャラが↓の謎い系でいるかもしれません)
 ・9ヒット時(しないキャラは最大?有利)
CF七夜EX昇竜、C都古A昇竜、シオンBC昇竜、アルク22C 
 ・詐欺れない
都古EX昇竜
 ・詐欺れるかもしれないが重ねのタイミングが謎い(出来てもシビア)
聖典EX昇竜、白膝、シエル22CAD、翡翠拳
 ・詐欺れるがその後どうするのか考えないと意味ない
F白214C、CシエルEX黒鍵、両義214C、H両義22C

FキシマのEX圧壊やさつきの吸血といったコマ投げ系は確定するらしい。
こんなの覚えるのアホくさいって人は
7ヒット時は遅い昇竜なら詐欺れる、8ヒット時はだいたいの昇竜が詐欺れるくらいの解釈で大丈夫

ちなみにくらい逃げを選択する相手には確認をしてコンボに行きたいが
くらいそうだと思ったら6CなりBE6Cをやっておけば繋がるのでそういう手もあり。
シルカンやバンカーもガードは出来るが昇竜のように反確出来るわけでもないので注意。

ちなみに詐欺関連でいくとキャラによってはEX卍後に低ダ空中攻撃で詐欺ることも出来る。

  • ダウン追い討ち
EX卍8ヒット以上くらいからだとしやすい
2A×2>七夜という択が、前受身だと投げ、その場後ろ受身は七夜設置からの読み合い、
受身を取らないと七夜投げの読みになるといった択。
わりとその場や後ろ受身安定ではあるので受身狩りを見せてからやったりすると効果的に択れるかもしれない。

  • オンステ表裏
AAに比べEX卍後の有利増えたため、このオンステ表裏がEX卍8ヒットからでも狙えるようになった。
裏択が低空Bオンステ着地で裏、低空Bオンステ後空B横で表という表裏択。
前より有利時間が増えたため最速且つ最低空でやらないと重ならないというわけではないが
それに近くはないと重ならない上に、空B横を使った表択は
Bオンステ最低空からでないとその後の攻撃が繋がらない。
端付近ならば表択時は2Aで繋がるが中央とかになると
しゃがみには2A、立ちには5Aということもやらないといけない。
単純に立ちシールドに対して弱いが、裏択から最速で2Bをやれば重ねれるので潰すことは出来る。
コマンドが難しい上にその後のつなぎも難しくはあるのでやる人はなかなかにいない。