必殺技(クレセント)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • バッドニュース(ライ) (空中可)236+AorBorC
通称-横カット、横爪。横に向かって黒い爪の半飛び道具。
A版
主にコンボ用、3ヒット技の全段スパキャン可能。しゃがみには3ヒットしない。
コンボに組み込むとゲージ回収が結構おいしい。
立ちの相手に目押しで5Aなどが繋がったり、画面端で2C(1)>A横>5A>2C~といった具合にもコンボが出来る。
無補正の技なのでJC始動などでこの技を繋げられると美味しかったりする。
B版
主にスパキャンで固め用、3ヒットの1段目のみスパキャン可能、こちらはしゃがみに当たる。
その代わりにスパキャンしなければ何も繋げられない
だいたいはscワルクやscEXファンブルにキャンセルしてMAX時などに固めを継続させる。
この技自体の火力も高く無補正なので、着地際空レプ>着地B横>コンボ~といった風に繋げられると火力がとても高かったりする。
EX版
主にコンボや切り返し用。6ヒットする。攻撃判定が出ると同時に無敵が切れる。
コンボとしてはverBの2C>EX横>2C~といった感じ。
切り返しとしては攻撃発生までの時間が長くその間は無敵なので相手の技を読んで使えば切り返しが出来る。
ただし発生自体が遅くはあるので2Aなどに対してやってしまうと暗転返しやシールドで返されてしまう。
また攻撃判定が出ると同時に無敵が切れるのでシルカンなどはもちろんのこと
相手の技の重なり方次第で潰れてしまうのも注意。
仮にガードされても反確はないというより5分くらいの状況なのでガードされる分にはおいしい。

空中カットについて
A版
移動慣性そのままに真横にカットする。3ヒット技。主にコンボ用
こちらも同じくゲージ回収が結構おいしい。
AAで追加された~2C>低空Aカット>~といった感じのコンボである。
また、エリアルの〆に使って着地狩りや対空を狙っていくというもある。
移動慣性がきくので逃げるときに使うことも出来る。
B版
一度止まって斜め下にカットする。2ヒット技。主にけん制や固め用。
一度止まってその後は行動不可なので上りで出すことなどはしないほうがいい。
JBなどに比べると空中のくらいが小さく、カット部分にくらい判定がないので相手の対空に対して使いやすい。
一度止まるのもあり、相手の低姿勢技の対空に対してもJCだけでなく空B横という選択肢が増えたのがありがたい。
ただし先端あたりで2ヒットしても繋がらないことに注意。
着地際で出すともちろん有利フレで1ヒットでも有利フレなので固めで使いやすい。
JB先端>空B横といった連携でJBに対してシルカンをやってくる相手を咎めやすいのが便利。
JBから空B横自体は連ガではないので相手がそこにバクステなり避けをやってくると地上B横が出て、フルコンを貰ってしまうので注意。
EX版
3ヒット技、主にコンボ用、固めに使えるには使える。
エリアルの〆にこの技を使うことで確定開放が出来たり、ADが繋がったりする。
JB>空EX横とやるとB横より有利フレが長い。

  • バッドニュース(マリス) 623+AorBorC
通称-縦カット、縦爪。横カットをそのまま上方向に90度傾けたもの。
A版
上半身無敵の空ガ不可技。1ヒット技。
この文だけ聞くととても強い対空技に聞こえるが
発生自体はそこまで早くなく硬直もそれなりにあるので振るタイミングに気をつけたい。
相手が空中行動を使い切ったときなどにちゃんと振ったり出来るとおいしい。
発生が早くはないので先置きの対空と覚えておけばいいかもしれない。
B版
3ヒット技の空ガ可技。主にコンボ用。
補正自体はそれなりにあるもののゲージ回収がおいしい技。
といってもコンボに組み込むと高火力になるという印象もある。
低空カットコンや空カウンター拾いにの高火力コンには組み込まれてたりする。
そういったコンボの場合、B縦からJAの繋ぎが多少の慣れが必要かもしれない。
EX版
6ヒットの全身無敵の空ガ不可、使うとしたら切り返し用
切り返しに使えるが発生が微妙に遅いため小パンに対してやるとシールドでキャンセルされてフルコンを貰うことも。
空ガ不可ではあるが暗転もするため、見てからシールド等されてしまうのも注意。
切り返しに使えるっぽく見えるが切り返しに使いづらくもある。

  • レプリカントコーディネーター(イド) (空中可)214+AorBorC
通称-レプ○○、メルブラの別キャラを影で召喚する。
ちなみに画面上に1体しか出せないが発生保障が途中からあり
そこで攻撃を食らうとレプが2体目?まで出せるようになる、通称レプリカバグ。
どのレプリカを固めに使うにも読まれてダッシュされるとフルコンなので注意。
A版
秋葉がA紅葉する。中段技。
中段技だが発生が遅いのでガードされやすいが、ガードさせても有利フレなのでガードされる分にはありがたい技。
ヒット時は前JJB等が繋がるのでコンボにいける。
リーチの長いキャラに対して対空として使えなくもないが個人的に振るのは怖いと思う。
B版
七夜がBセンサする。主にけん制や起き攻め用。
ACに比べて隙がかなり減ったので立ち回り等で振りやすくなったが読まれてHJ等されるともちろんフルコンなので注意。
投げ後やJ2C後に七夜を置いて投げと打撃の単純な2択に迫れたりするのが強い。七夜投げの択については起き攻め項。
C版
Cネロの幻想種。空ガ不可。起き攻め用。
2C〆やAD〆後にネロ置いてレプ七夜と同じように択を迫ることが出来る。
七夜に比べてこちらのほうが硬直は長いが空ガ不可なのが強み。

空中版
硬直が着地分増えるが着地際に出すとレプが攻撃するまでの間にこちらの動ける時間が増えるので
地上レプを置いたとは別の起き攻めが少し出来るが置いて起き攻め出来る場面がAD〆くらい。
上りなどで出すと行動が出来ないので上りなどで出すのはやめたほうがいいだろう。
A版
中段が上段になり、降り際に出してダッシュ2Aをすると秋葉に反応して立つ人もいる。
B、C版
どちらも起き攻め用、ただしネロが空ガ可になってしまう。
着地をずらして設置出来るという利点もあるが着地硬直があるので注意。

  • クリーチャーチャンネル(エス) 421+AorBorC
通称-ワープ、ボタンによって出現場所が変わる。消えてる間にのみ無敵時間あり。過信は禁物。
あんまり使う場面はないと思う。

A版
手前に移動する。隙が一番少ない。唯一ワープ後の硬直を必殺技でキャンセル出来る。
B版
少し奥側に移動する。使えて起き攻めのときくらいか。
C版
結構奥側に移動する。一番硬直が大きい。持続シールドからのCワープという使い方くらいか。

  • クリーチャーチャンネル(ノイド) (空中で)421+AorBorC
通称-卍、卍に変形して回転しながら突撃。
A,Bは押しっぱで出した位置の真下に出現することが出来る。
A版
ヒット数が少ない分、隙が少ないが使い道はほとんどない。
端対端のときに使えばコンボ等もらわずに済むがあまりやる必要もないと思う。
B版
火力はそれなりにあるがコンボに組み込むと基本的にフルコンをもらう、おそらくほぼ死に技。
端対端でやってもキャラによってはフルコンをもらう。
ダメが高いので殺しきるときくらいには使える。
相当高い位置でB卍をやって押しっぱするとワラキアが浮く。バグ。
おそらくB卍のワープ後の処理が座標を○○下げるといったものなのでその○○より高い位置になると浮くといった推測。
EX版
エリアルの〆技。これで〆た後はそれなりに有利フレがある。
選択肢としてはファンブル重ねやダウン追い討ちなどなど。
何故か1,07になってくらいかサキスパがしづらくなっている気がする。

  • ファンブルコード(アポトーシス) 22+AorBorC
通称-ファンブル、竜巻。地面から黒い渦巻きを出す。
A、B版
けん制や固めの〆、コンボなど使用用途自体は広い。
スパキャン可能の多段技。ボタンによって竜巻の出現位置が変わる。
ボタンを溜めることで少し遠い位置に出すことが出来る。合計4箇所に出すことが可能。
けん制で振る際は発生が遅いのでそこには気をつけたい。もちろんのことだがセブンス系にも注意。
ヒット時は受身不可が長くエリアルにいけたりADが繋がったりする。
BEBファンブルという一番遠い距離でもダッシュ慣性前JJBからのエリアルがいける。
地上ガード時は7F?不利、空中ガード時は5F?有利。持続当てでも有利フレがある。
ファンブルが消えると同時に行動が出来るようなので硬直も少なめに思える。
ちなみにボタンを押しっぱにしているとその間はスパキャン出来ない点に注意
EX版
固めに使える、スパキャンからが主な使い道か。
生ヒット時はADやAADくらいしか繋がらない。

  • オン・ステージ (空中)22+AorBorC
通称-オンステ。移動技。Aで真横に、Bで斜め下に、Cで斜め上に空中ダッシュする。
ほとんど空ダのようなものなので立ち回りや崩し、起き攻めなど使い道は広い。
性能は移動方向以外空ダと似ているが、着地硬直がなく、残像モーションが出る。
Aオンステは空ダと比較すると移動距離が長いのが便利。
空中行動制限に引っかからないので、前方向のみだが擬似的に2回空ダが出来る。
空ダを使っていなければ、最初に使ったオンステ以外のオンステでキャンセル可。
例外として、ジャンプでも避けでも空中技でもいいので間に何か挟むことで、最初に使ったオンステを再使用することが可能。
オンステの後に空ダを使う事は出来ない。
272や21472のコマンドで最速低空で出しやすいが
後者は特にコマンド的に空中レプや卍に暴発しやすいので要練習。
空ダと同じように高度制限もあるので注意。

  • クリーチャーチャンネル(アポトーシス) (空中可)63214+C
通称-レプワルク。150%消費のEX技。発生保障が3Fとワラの中で最速技。
ワルクとイカリング両方に判定あり。イカリングは2発発生する。
スパキャンによる固め直しやコンボ、切り返しといった感じの使用用途か。
フルヒット時の有利フレが長く、低ダJC3ヒットが猶予短めで繋がるくらいに長いがそれをやるのは難しい。
5C>ワルク>~などからコンボをやると火力は高いが~部分からは補正がきつい。
メルブラは起き上がりに2F無敵があるのでちゃんと重ねてないときに打つと両カウンターからコンボにいけておいしい。
シールドからのゲージがあるときに使ったり、発生3Fをいかした割り込みは強いと思う。
空中版
イカリングのみに判定あり。
上手く使えば地上で待ち構えている敵に反撃することも、ターンを奪うことも可らしいが
正直暴発以外でこの技を見たことがない気がする。

  • ナイトオンザブラッドライアー(アンザニティ)41236+C(HEAT状態)
アークドライブ。竜巻で打ち上げてドーン。出始めから発生終了まで無敵。
発生が速くなったらしいがなんともいえない発生
ガードされると基本的に反確、端端だと反確ないキャラもいるかも
見てからADいけるような技もあるので意識しとくといいかもしれない。
エリアルEX横〆からなどADが色々な場面から繋がるようになりAD自体の使う場面は全体的には多い部類だと思う。
ADヒット後は有利フレが長く、前J着地際レプや開放後七夜を置くといったことも出来て状況がいい。
相手がとても高い位置にいるとヒット途中でインバる。

  • ナイトオンザブラッドライアー(インザニティ)41236+C(BLOODHEAT状態)
アナザーアークドライブ。AD+レプリカ総動員。 ADと同じ感じに繋がる。
AADということもあってあまり見ることはない。

  • ナイトルーラーザブラッドディーラーBLOODHEAT時、EXシールド成立
ラストアーク。大ダメージ+サーキットブレイク誘発。 たまに途中でヒットが途切れたりする。
画面中央より端で始動したほうがダメージが高い模様。
残りのBLOODHEATゲージにダメージが依存している。