※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初心者指南Lessonその2。『立ち回り』のススメ①。

この項目は幅広いので、数コマにわけて書いていきます。



『立ち回り』と一括りに言われているものは一体何なのか、ということです。

今回はそこを考えていきましょう。

①あまり死なずに活躍できる人
②開幕早々に死んで何もせずに終わってしまう人

その二者間で一番大きく違うものは、私は 合理性 にあると思っています。

いかにして 、『自分が死ににくい状況』 をつくり、 『敵を安全に殺す』 か。

常に自分が有利な状況をその場その場でつくり、勝つべくして勝つ。これが大事です。

前回同様CANNONの2設置場を例にして、具体的にしてみると――――――

以下 =自分(攻) =敵(守)


2設置中をピックアップ。


今回は、自分が設置した後に敵がまだ二人残っている状況を想定します。


設置完了してから気が付くと、左右両方から敵が挟もうとしているようです。

その時に自分はどのように守ったら、勝てるのか。

図の場所に居座って、敵が2箇所から同時に攻めてきた場合


上図のように、自分は二方向を見なければいけない。

その上相手は2方向から射抜いてくる。この状況では負けて当たり前です。

この場合考えられる『合理的』な位置は


このような待ち方。このように 敵が来る2箇所を、1方向のみ見る ことによって

侵入を防ぐことが可能になります。

最初よりも、ぐっと勝てる可能性は増えますよね。

様々なマップでこのような『有利ポジション』は存在しますので、

『自分が勝ちやすい状況』 を考えて戦ってみましょう。

意識をすることから、立ち回りは確実に良くなります。

強い位置取りを、他の人にやられることによって学習し、吸収していくのですから。
|