|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

打ち上げについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Shuttle Fleetの打ち上げには何通りかの方法があります。


  • GPCMFDを使った打ち上げ
  • マニュアル操作での打ち上げ
  • PylonMFDによるオートシークエンス



GPCMFDを使った打ち上げ


実際のシャトルにも搭載されているGPCを使った、基本の打ち上げ方法です。


GPCMFDを立ち上げて1.ASCENT-OPS 101を選択します。
(通常は選択されていると思います。)

打ち上げ時刻の15秒前になったら
"ITEM"ボタンを押してダイアログボックスを出します。

13秒前で"777"を入力しEnterキーを押します。

10秒前になると打ち上げシークエンスが始まり4秒前に
SSMEに点火します。

打ち上げ後のロールプログラムやSRB,ETの切り離しはオートで行われます。

※当方の環境だけかもしれませんが、万一、SSMEが点火されてしばらくしても発射台から離れないときは、テンキーの+ボタンを一回押してみてください。
押すことによりエンジン出力が100%になり約3秒後にSRBに点火されます。

GPC(General Purpose Computer)
シャトルに5つ搭載されている汎用コンピュータ計算機
実際にはこのコンピュータの多数決によって動作が決定されています。

ET(External Tank)
SSME(後述)の燃料と酸化剤のタンク。
極低温の液体水素が入っているため、打ち上げ時の振動で断熱材や結露した氷塊がはがれ、オービター本体の耐熱タイルを破損することがある。

SRB(Slid Rocket Booster)
ETの横に2本連結されている固体ロケットブースター。
打ち上げ時に気温が低温だとOリングから燃焼ガスがもれて爆発することがある。
固体につき、一度点火すると止めることはできません。
SRBの一番下にボルトがあり発射台に固定されています。
※Orbiter!においてはSSMEの出力が100%になった3秒後に点火するように設定されている(間違っていたら修正してください)。

SSME(Space Shuttle Main Engine)
シャトルに3つ搭載されている液体水素、液体酸素のエンジン。
燃料、酸化剤はET内のものを使用しますので当然ながらETを切り離してしまうと使用できません。
※ET切り離し後はOMS(後述・・・・するかもしれません)を使用する。



PylonMFDを使った打ち上げ


STS PAYLOADv1.0に同梱されている
PylonMFDとLC39-EAFB 2006.1の発射台を使うことによって、T-9:00からのシークエンスを再現することが出来ます。


pylonMFDを立ち上げます。

右上の"UP"を2回クリックします。

"Launch sequence T-9:00"が表れるまで右下の"P+"をクリックします。

GPCMFDのカウントダウンタイマーを確認しつつ9:00になったらPylonMFD右中の"INC"をクリックします。(シークエンスがActiveになります。)

これでタワーがT-9:00のシークエンスに入るので0:00になるまで実際と同じ挙動をします。

T-7:35 ホワイトルームカメラに視点が変わります。(F1キーでコックピット視点にしてください。)

T-7:30 アクセスアームが離れます。

T-6:30 視点がシャトルコックピットに帰ります。

T-3:33 MLPカメラに視点が変わります。

T-3:30 SSMEジンバルテスト(Shuttle Fleetでは動きません)

T-3:03 視点がシャトルに帰ります。

T-2:55 気化酸素排出システムが離れます。

T-0:15 GPCMFDに777を入力します。

T+0:00 リフトオフ