インストール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

opensuse

公式からdisk imageをdownload。メディアに焼いて使用。

kernel-devel

packageをinstall。

日本語入力

以下のpackageをyastでinstall。

scim
anthy

vmware

kernelを再構築する必要有。

  • 公式からrpmをdownload。yastでinstall。
  • yastでkernelのsource,gccをdownload。
  • commandを実行して再構築。
    • /usr/bin/vmware-config.pl


athcool

をdownloadしてinstall。
をdownloadして解凍。
  • commandを実行。
    • make
    • make install
  • /etc/init.d/boot.localにathcool onを追記。

/usr/sbin/athcool onで有効化。athcool offで解除。/usr/sbin/athcool statで状態表示。



truecrypt

packageはdefaultで構築されたkernelを前提。そうでない場合moduleのloadに失敗する可能性有。その場合はsourceからinstallする事が必要。

  • 公式からsourceをdownload。
  • 解凍先のlinux folder上でcommandを実行。
    • ./build.sh
    • ./install.sh

truecrypt -c test.tcを実行して設問に回答する事でtest.tcの仮想drive作成。/truecrypt/Y folderを作成後truecrypt test.tc /truecrypt/Yでtest.tc仮想driveを/truecrypt/Yにmount。truecypt -d /truecrypt/Yで/truecrypt/Y上の仮想driveをunmount。

filesystemがext3の仮想drive作成。
  • truecryptで仮想driveを作成(filesystemはnone)。
  • truecryptでmount。
  • truecrypt -lで仮想driveのmapperを特定。
  • systemでumount。
  • mkfsでext3 filesystemを作成。
    • ex. mkfs -V -t ext3 /dev/mapper/truecrypt0
  • truecryptでunmount。
    • ex. truecrypt -d

作成した仮想driveのpermissionはroot。必要に応じchown,chgrpでpermissionを変更。
  • chown -R hoge /truecrypt/Y
  • chgrp -R users /truecrypt/Y

mplayer

skinをdownload。
  • commandを実行。codecsを解凍して設置。
    • tar jxvf essential-20061022.tar.bz2
    • mv essential-20061022 win32codecs
    • mv win32codecs /usr/local/lib
  • commandを実行。playerをinstall。
    • tar jxvf MPlayer-1.0rc1.tar.bz2
    • cd MPlayer-1.0rc1
    • ./configure --confdir=/etc/mplayer --enable-gui --with-win32libdir=/usr/local/lib/win32codecs
    • make
    • make install
  • commandを実行。fontを指定。
    • ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/truetype/sazanami-mincho.ttf /usr/local/share/mplayer/subfont.ttf
  • commandを実行。skinをinstall
    • tar jxvf Blue-1.7.tar.bz2
    • mv Blue /usr/local/share/mplayer/skins
    • cd /usr/local/share/mplayer/skins
    • ln -s Blue default

gmplayerで起動。


mplayer plugin

  • mozilla-develをdownloadしてinstall(yast -i mozilla-devel-1.8_seamonkey_1.0.8-0.1.i586.rpm)。
  • 公式からsourceをdownload。
  • commandを実行。
    • tar -xzvf mplayerplug-in-3.31.tar.gz
    • cd mplayerplug-in
    • ./configure
    • make
    • cp mplayerplug-in*.so /usr/lib/firefox/lib/plugins
    • cp mplayerplug-in*.xpt /usr/lib/firefox/lib/plugins

samba

  • commandを実行。
    • chkconfig nmb on
でos起動時に自動起動。
設定時は/etc/init.d/nmb startで手動起動する必要有り。
  • /etc/xinetd.d/swatを修正。以下を追加。
    • only_from = 192.168.11.0/24
  • yastでsamba serverを設定。パスワードを指定する。
  • yastでnetwork servicesを設定。swatのtoggleをon。
  • browserからhttp://sambaのserver ip(192.168.11.?):901/で接続。
yastでsamba serverを設定。パスワードを指定する。
  • swatにrootとroot(not samba)のパスワードを入力してlogin。環境設定をする。the connection was resetエラーが出る場合はxinetdを再起動。
    • /etc/init.d/xinetd restart
  • windows側のネットワークのクライアントを有効化。