※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シグナル発見方法

 

FX(為替)をやっていてもチャートを見ない人もいます。
または、見方が分からないという人もいます。
私もそうでした。

 

そんなわけで、すぐに分かる見方をここに書きます。

これも他の方から教えてもらったやり方ですが、とても簡単で覚えやすいです。

このシグナルで勝てる確立は100%ではありません。

あと、勝率も99%とか、そんなありえない数字ではありません。
まあ、3勝2敗よりは、いいかなと思います。

 

これをみてチャートの見方を勉強しようと思える方がいれば幸いです。

 

図をみてください。
USDJPY(ドル円)の60分足のチャートです。

 

見るのは、以下の3つです。
 ・ボリンジャーバンド(Bollinger bands)
 ・スロスト(Slow Stochcstic %D)
 ・MACD

 

【ボリンジャーバンド(Bollinger bands)】
 ボリンジャーバンド(上)が上値と下値の間を通っている時は売りシグナル。
 ボリンジャーバンド(下)が上値と下値の間を通っている時は買いシグナル

 

【スロスト(Slow Stochcstic %D)】
 20を下回っていれば買いシグナル
 80を上回っていれば買いシグナル

 

【MACD】
 下降しながら中心に達した場合は「デッドクロス」
 上昇しながら中心に達した場合は「ゴールデンクロス」
 買いシグナルがでてるのに、デッドクロスがでていないかチェック。

 出ている場合が見送りましょう。
 逆に、売りシグナルがでてるのに、ゴールデンクロスが出ている場合も見送りましょう。
 どれにも該当しない場合、とりあえず他のシグナルに従って売買しましょう。

 

上記の3つがOKの場合、本当のシグナル点灯です。
あとは、値動きをみながら買い/売り仕掛けを行いましょう。

 

ちなみに、図では
 紫の丸が、買いシグナル
 橙の丸が、売りシグナル
です。

 

とても簡単でしょう。

 

【補足】

チャートを見るのに最適な無料のツールとして、以下の会社のデモツールがあります。

張っている図も、このデモツールの画面です。

 

FXOnline Japan(エフエックス・オンライン・ジャパン)

右側にある「デモ取引のご案内」からアクセスしてデモ口座を開設しましょう。

ちなみに、デモなので実際の料金は必要ありません。
すべて無料です。

トレードも行えます、もちろんデモ用のバーチャル口座なので減っても大丈夫。

 

 

ここをクリックして人気ブログランキングに投票を投票して頂ければ励みになります。

  
添付ファイル