Project Metal


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

力が無ければ生き残れない、それは当然のことだ。

マリアに拾われ、一流のハンターとして生きていけるように育て上げられて来た。
どんな敵にも負けないほど強く、なんでも知っているマリアに何時も憧れていた。
そう、あの日までは。

グラップラー四天王のうちの一人、テッド・ブロイラーは自分が今まで信じてきた物、身につけてきたことを全て灰にした。
マリアたちが束になっても、あの男には手も足も出なかったのだ。
その後のイリットたちの治療により奇跡的に一命を取りとめ、自分ははっきりと自覚した。
そう、この世界は力が無ければ生き残れないのだと。
今まで信じてきたマリアも、強いと言われていたはずのハンターたちも、皆弱者だったのだ。
町に引きこもっていても、力が無ければ殺されてしまう。
最後に立つのは結局力のある者だということを、再認識した。
生き残るためには、今より力をつける必要がある。
戦車に乗り、賞金首を狩り、より力をつけることが生きることに繋がる。
最終的に信じられるのは自分の力だけ、他人など信用するに値しない。
勝手についてきた二人と一匹にもそのことだけは伝えていた。
そうして生き残るための力を日々磨き、彼女は生き残って来た。
いつしか、グラップラーの総本山であるバイアスシティに辿り着き、その創設者であるブラド博士を怨念まで跡形も無く破壊しつくした。
彼女がそういう行動に出たのは仇をとるとか、そういう概念ではない。
生き残るためにより強い力をつけるための過程でしかなかった。
お前より自分が強い、ただそれだけを知らしめるためだけに彼女は冒険していた。

そして、当ての無い旅の途中にこの殺し合いに招かれた。
彼女の愛した戦車も、武器も、道具も無くなっていた。
だが、それで屈する彼女ではない。たとえ身包みを剥がされようと、生き残っていく術は学んである。
もう、マリアの後ろについていただけの自分は居ないのだ。
こんな場所でもやることは変わらない、自分の力を示して生き残るだけだ。
彼女は落ち着いた表情でデイパックの中にあった道具を確認する。
配られた道具が武器に恵まれていたことに、彼女はツキの良さを確信する。
黄金に光輝く銃に中に白銀に輝く銃弾を込めて、左手にしっかりと携える。
この殺し合いを生き抜こうとデスクルスの電気椅子から立ち上がって歩き出したその時に、彼女の目の前に一人の女性が現れた。

勝手に助けを求めてきて、勝手に喋りだした女性の話は不愉快極まりなかった。
一国の王女というヌルい環境で育てられ、王女というだけで周りから優遇され。
ある意味その立場を使って二人の男を翻弄し、挙句の果てに自分の意思だけ一方的に言うだけ伝えて自害と来ていた。
死んだはずの人間が蘇っていることを考えるより、彼女の話の方の内容に吐き気すら覚えていた。
生まれたときからあったものを利用し、自分の良い様に生きてきた。
力も無いくせに自分は偉そうにふんぞり返る、まるでエルニニョのメンドーザのようだった。
耐え切れなくなった彼女は、王女に向けて黄金の銃を向ける。
やめろという声が聞こえるが、彼女は止まらない。
一発の銃声が響き、飛び出した銃弾はキラキラと輝きながら彼女の左肩を貫く。
銃弾の勢いに踏ん張ることすら出来ず、王女は後ろに倒れこむ。
どうしてこんな弱い人間が生き残っているのだと、彼女は怒りに震えながら王女へと近づく。
やめろ、やめてくださいという声と、涙を浮かべて王女は懇願している。
そんな戯言など耳に入るわけも無く、王女を見下ろすように立ちはだかる。
後ろにゆっくりと這って逃げようとする王女の足に銃弾を打ち込む。
激痛に耐えられず、泣き叫びながらその場で悶えている。
その叫び声や表情が、彼女の怒りをより一層高めていく。
自分がどれだけ弱い人間なのか、ということを王女に示すために彼女は攻めの手をやめない。
貴重な銃弾を使うことを止め、今度は潜在能力を引き出しながら王女の右の腕を踏みつける。
パキリと小気味のいい音を立てながら、明後日の方向へと腕が向いている。
王女がさらに大きな声で泣き叫び、彼女の怒りが増していく。
声を出すための空気を吐き出させるために、次は腹部と踏みつける。
当然、王女の貧弱な腹筋ではそれを耐え切ることなど出来ない。
出そうにも出ない掠れ声と共に、黄色い吐瀉物を吐き出す。
ようやく泣き声が止まったところで、呼吸をさせないために胸の辺りを踏みつける。
再び骨が折れる音と共に、何かが裂ける音が聞こえる。
激痛に次ぐ激痛に王女は声すら出せず、ただ悶えることしか出来なかった。
だが、彼女の怒りは止まらない。
王女に馬乗りになるように被さり、その顔面を殴り抜き続けた。
何度も、何度も、何度も。
もはや声すら出せないほど衰弱しきっている王女をひたすらに殴り続けた。
何発目かに王女の全身から力が抜けているのを確認しても、彼女は殴るのをやめなかった。
力の無い者は死ぬ、ただそれだけのことを示すために彼女は動き続けた。

しばらくした後、物言わぬ肉塊となった王女の遺体が身につけていたデイパックから道具を回収した。
その後原型を留めていない顔面を横から蹴りつけ、ゴキャリという嫌な音と共に王女だった者の首が宙を舞う。
飛んで行く首に全く興味を示さず、淡々と彼女は道具を確認する。
王女に支給されていたのは一台の車と、一本の刀と、何枚かの薬草だった。
薬草をデイパックに仕舞って刀を腰にさした後、舐め回すように車を観察した。
殺し合いを暗に示しているような赤のすらっとした軽量ボディ。
エンジンとCユニットは搭載されていても、肝心の兵器を搭載する場所が無かった。
手元に兵器はあっても、搭載する穴が無くては利用することなど出来ない。
しかし、ここは人はおらずとも彼女のよく知る牢獄の街デスクルスと瓜二つ。
まさかと思いながら車に乗りながらある場所を目指した。

「よウこそ、コこは神へノ貢献の間デす」
勘は当たっていた、かつて改造屋が居たところに人型の「何か」が居たのだ。
勿論改造屋だけではない、宿屋、人間用品屋、戦車用品屋、満タンサービス、修理屋。
それぞれに人型のぼんやりとした何かが立っていた。
「アナたが、神に貢献スれば、神は貴方ニ施しヲ与エルでしョウ」
貢献とは何か? 彼女は疑問を口に出した。
「人が生きテいたとイう証をお持チ下さイ」
人が生きていたという証、命の証明。
つまり、人間の心の臓を持って来いと言うことだろう。
急いで王女の肉塊に駆け寄り、胸の辺りを刀で掻っ捌いて心臓を取り出す。
「アリシア、の証と認識しまシた」
ふわりと心臓が舞い上がり、空へと溶けていく。
「ようこそ! シャシー改造屋へ!」
先ほどとは打って変った雰囲気の男とも女とも取れない声が響く。
彼女は人型の何かに、乗ってきた車に機銃の穴を付けろと申し付けた。
すると人型の何かは本職のシャシー改造屋よりも手馴れた手つきで作業を開始し、あっと言う間に機銃の穴をつけてしまった。
「ご利用、ありがとうございましたー!!」
その声と共に、人型の何かは定位置に戻った。

どうやら、参加者の心臓を渡すことで何かしらのサービスを受けることが出来るようだ。
生き残るためには力をつけることも必要。
相手を殺すついでに心臓を手に入れる事で、この場所を生き抜く力が手に入るのならば願ったり叶ったりだ。
手っ取り早く力を手に入れるため、彼女はクルマに乗ってデスクルスを後にした。

力を示し、絶対にこの場で生き残って見せる。
その強い意志と共に、ボンネットに機銃を積んだ車が牢獄の街を駆け出していく。

知る人ぞ知る、グラップラーを壊滅させた女ハンターレナは。
この殺し合いの地でその名を轟かせるのだろうか。


【アリシア@LIVE A LIVE 死亡】

【B-5/デスクルス前/1日目/深夜】

【レナ@メタルマックス2:リローデッド】
【状態】健康
【装備】三菱GTO(前期型、改造済み、後述状態表に詳細)@現実+改造、黄金銃@真・女神転生
     銀の銃弾@真・女神転生、ムラマサ@LIVE A LIVE
【道具】基本支給品×2、やくそう*5@ドラゴンクエスト5
【思考】基本:自分の力で生き残る。
     1:戦車をより強力にするために、手っ取り早く心臓を集める。
【備考】女ハンター、サブジョブとしてレスラーをマスターしています。他のサブジョブは不明。

【三菱GTO@現実+改造】
【状態】装甲初期状態
【装備】穴1:ノラバルカン
     穴2~5:未改造
     エンジン:ルドルフ
     Cユニット:ATストライク
【道具】なし
【備考】特殊弾は搭載できません。装備は全てMM2Rのものです。シャシー重量はスーパーカーと同等だと思っていただいて結構です。

※デスクルスに各施設にヒトの形をした神の使いが居ます。参加者の心臓を渡すことで設備利用が可能です。
 各サービスにどれだけの心臓が必要なのかは不明です。
 (宿屋、満タンサービス、修理屋、シャシー改造屋、人間装備・道具屋、戦車装備・道具屋)



001:ゴッドボイス(物理) 投下順 003:世紀末救 世/星 主伝説
001:ゴッドボイス(物理) 時系列順 003:世紀末救 世/星 主伝説
初登場 レナ 35:狩人
初登場 アリシア GAME OVER
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。