Love is Real?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

血髑郎の声が聞こえる。
命を絞りながら出される悲痛な叫びが、この散の胸を貫く。
「血髑郎よ、お前もまた立派な戦士であった」
声の聞こえる方角へ、散の取った行動は敬礼。
彼もまた、この悪行に巻き込まれ、望まぬ死を遂げた戦士の一人だ。
魂の言葉を受け取り、散は天高く拳を突き上げる。
「ここに、散は改めて誓おう!」
決意の拳、君臨すべき王として葉隠散は揺るがない。
「まずは愚神討伐! あの神を名乗る醜く傲慢な存在を滅ぼす!
 それから人類抹殺! 散った血髑郎の分までこの散が成し遂げて見せよう!」
「人類抹殺? お断りよ」
声高く誓う散の耳へ、決意を遮るように一人の声が届く。

振り返ると、悪魔を連れた一人の女が立っていた。
目はしっかりと散を見据え、視線を逸らすことは無い。
「ほう、女。この散の前に立ちはだかるのか。
 ならば今すぐこの散の前で散るが良い!」
散が飛び出す。
勢いを乗せた拳が、現れた女へと向かう。
女の側にいた白い悪魔が怯えて陰に引っ込む。
対して、女は全く動じることなく散の方を睨み続ける。
ぴたり、と女の眼前で拳を止め、散はニヤリと笑う。
「ふむ、人間にしては良い目をしている。
 どうだ、この散と行かぬか!」
先ほどの男と同じく、死を恐れぬ眼差し。
人間で有りながら誇り高き心を持つ者を、散は見下すことはない。
突き出された拳は、差し伸べる手へと変わる。
散の提案と言葉を受け、女はゆっくりとその手を――――


「悪いけど、それもお断りよ」

弾くように退けた。
先ほどに続き、散はまたもや人間に拒絶される。
だが、そう来なくては面白くはない。
ここで拒絶する人間だからこそ、軍門に下らせる価値がある。
手を避けられた事を意にも介さず、散はじっと女を見据えて対話をする。
「女! 醜き人間に附いても悪しき未来が待ち受けるのみだ!
 この散と共に行けば、地球も世界も輝く未来がある!
 世界中で唯一の正しき存在はこの散のみ!
 悪しき人間を滅ぼし、母なる大地を正しき姿へ導くために、私と来い!」
この世界で唯一の正義はこの葉隠散のみだ。
悪しき人間たちが正しいなど、有ってはならない。
正しき未来、正しき姿へと進む為には、人類がこの世に生存していてはいけないのだ。
だから、このような真っ直ぐな目を持つ物を人間にしておくのは惜しい。
このような誇り高き者こそが、散と共に素晴らしき未来を作り上げるべき存在なのだ。
はね退けられた手を、もう一度女へと差し伸べる。
「お・こ・と・わ・り」
同一人物からの、三度目の拒絶。
「何度も言わせないでくれる? あなたが散様だろうが何様だろうが知らないけど、この私に無駄な労力使わせるなんて、許されてないんだから」
呆れ返るように笑いながら、女は散を嘲る。
自分の言葉に散が眉をしかめたのを見てから、女は言葉を続ける。
「それに、人間は醜いだとか正しい存在は私だけだとか、思い上がりも甚だしいわよね。
 笑い袋じゃなくても笑っちゃうわ」
「ほう! この散より正しき存在がいるとでも言うか!」
互いに挑戦的な態度を崩さず、相手の上に立とうと口論を続ける。
電流がばちばちと走っているかのような感覚に、女の後ろに隠れていた悪魔が思わずもう一歩退いてしまう。
一触即発、まさにそんな状況である。
「当たり前よ。この私、そして私の夫はアンタなんかよりずっと正しいって言い切れるわ」
「夫、愛する人か……」
言葉の勢いを弱め、少しの間黙り込む。
ようやく諦めたか? と女が散の顔を覗き直した時、散は不適な笑みを浮かべ直す。
「愛し、愛される存在。この散とて同じ!
 そなたらに愛があるというのならばそれでよい!
 ならば散がそれを上回る愛で、お前を夫と共に私の物にして見せよう!
 愚神討伐、その道中で必ずお前とお前の夫を私の物にしてみせる!
 この散、お前と共に歩ませてもらうぞ!」
人類抹殺を変えるつもりはない。
しかし、このように志の高い者こそこの散の配下にふさわしい。
その者の心を埋め尽くす何かが有るというのならば、それを含めて我が物にするまで。
屑である人間の中の数少ない、見所のある人間を散は見逃さない。
だが、女も「お前を征服する」と言われているのに対し、強気の姿勢を崩さない。
「フッ、勝手にしなさい。
 あなたなんかに滅ぼされるほどほど、こちとらヤワじゃないってこと証明してあげるわ。
 逆にあなたをこのデボラ様の配下にしてあげてもいいわよ?」
「笑止! その大口、最後まで叩けるか見物だな!」
散がデボラの後をつけ始める。
あの腐りきった世界には居ない、燃えるように輝く目を持つ人間。
人間にしておくには、あまりにも惜しすぎる人間。
その全てを散の物にするために、散はデボラと共に行く。
だが、デボラも黙って支配されるつもりは無い。
寧ろ自分と夫の愛を見せつけて、この人ならざる人を黙らせる。
愚神討伐はともかく、人類抹殺など黙って見ているわけには行かない。
だから、同行を許可する。
リュカに会い、全てを証明するまでは。

証明されるのは、人間の愛か、散の愛か。


【D-7・8/境界線上/黎明】
【デボラ@ドラゴンクエストV 天空の花嫁】
[状態]:健康
[装備]:ダイアモンドネイル@DQ5、アームターミナルB(仲間:メッサーラ、ジャックフロスト)
[道具]:基本支給品、レイルガン@真・女神転生、未確認支給品*2(ガルシアのもの、剣など武器は入っていない)
[思考・状況]
基本:神に抗うものを集め(家族優先)、神へ反逆する。
1:雷柱へと向かう。
2:散に、人間の愛を証明する。
3:"悪魔"は可能なら交渉し、より多くの仲間を集めておく。
[備考]:クリア後

【葉隠散@覚悟のススメ】
[状態]:美しい、上腹部骨部骨折
[装備]:無し
[道具]:基本支給品1式、不明支給品1~3
[思考・状況]
基本:人類抹殺!愚神討伐!
1:デボラに同行、その愛を見届け、散の愛で埋め尽くす。


042:超融合 投下順 44:夢の続きの既視感
027:道理、無理で通す 時系列順 025:天を仰いで
017:"TALK" デボラ :[[]]
003:世紀末救 世/星 主伝説 葉隠散 :[[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。