死者物語<わ行>


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワイアルド


登場作品:【ベルセルク】
登場話数:2
死亡話:狩人


彼の日常と、この殺戮の場に何の違いがあろうか。
弱者を犯し、殺し。少々の強者とはたっぷりと戯れる。
故に、彼は普段通り狩るものへと変わった。

そんな殺戮の場にて、彼は一人の少女と出会う。
彼女は戦車に乗っていた、それは彼の見たことのない兵器であった。
嗚呼、戦車という兵器、なんと楽しく刺激的な玩具なのだろうか。
彼は感動に打ち震えた。


獣の本性を表し、ドーピングした彼に即死の銃撃は当たらない
彼は何よりも死を恐れている、しかし楽しく刺激的な人生を過ごしたいという思いがある。
故に、彼は安全な危険を楽しむ。
そんな彼が本気を出した彼女に襲われれば一溜まりもなかった。


恥も外聞も無く逃げ出した彼は、彼の救世主に出会う。
だが、獣としての人生を過ごす彼にはその救世主に助けられる術は無かった。
己の人生を悔いながら、彼は狩人に殺された。
当然のことだろう、獣は狩人に殺されるものなのだから。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。