死者物語<ま行>


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミカエル


登場作品:【真・女神転生Ⅰ】
登場話数:1
死亡話:明けない夜を行け


彼──否、彼等天使は人を救うための手段を選ばない。
故に、救われるべき一人の少年に天使達は否定された。

殺戮の場にて蘇った彼は、だからといって己を曲げはしない。
彼は考える。
天の使いである我々ではなく、神直々に人間を裁くことにしたのだ。
そして不甲斐ない私にも、また慈悲を下さった。

殺戮の場にて、彼は問われた。
「なぜ、お前は戦う?」
彼は答えた。愚かな人間共を導き、永く生き長らえらせるため。

再び彼は否定される。
「人間は一人でも歩いて行ける」
故に、彼は死ぬ。
彼は必要ではないのだから。

恵魅


登場作品:【覚悟のススメ】
登場話数:1
死亡話:その感情の名を──


戦術鬼である彼女の生きる意味は、献愛<ボランティア>である。

女性関係に恵まれていなさそうな哀れな男に、
己の魅力を恵んでやることに生きがいを感じていた。

殺戮の場所でも、それは変わらない。
彼女は献愛<ボランティア>を行う。
献愛するということ、それは対象を自らの下に置くこと。
楽しくてしょうがない。

だから、彼女は笑う、嗤う。
故に、彼女は無償奉仕の代償を己の命で支払うこととなった。
見下す者は、頭上への死に気付けない。

モズグス


登場作品:【ベルセルク】
登場話数:2
死亡話:天を仰いで

僧侶たる彼は断罪を躊躇わなかった。
故に、彼は血の経典と呼ばれた。
今日も彼の手で血の雨が降る。

殺戮の場に呼ばれた彼は、
早速一人の神敵を断罪した。
彼の知る由もないことであるが、その男は悪魔召喚士であった。

同じ場所にて彼は、迷える三千の魂を成仏させた。
彼の手は血塗れで、そして暖かさを持っていた。

そんな彼の死は突然であった。
己の死に気づく間もなく、一瞬にして燃え尽きた。
皮肉にも彼を葬ったのは悪魔の力を持った少女だった。
彼は悪魔を殺し、悪魔に殺された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。