2011年の浅草ツアーにて寄席をみた時のこと。
とある大ベテラン落語家が高座にあがるも、鍛錬の足りない落研人達はあまりの高度な落語に、その大部分を聞き取ることができなかった。

しかしその帰り道、自然家 第壱は今日一番良かった落語家にその人の名前を挙げてこう言った。

「落語は言葉じゃない」