技術家 左近


「えんじにや さこん」という置きに行った感の強い名前をもつ。
本名が右近という時点で、高座名はほぼ決まっていた。

農部のサークル紹介で、毛家 姿悶とともに北の司会を最後まで聞き続けた有望株。

実家の離れに住むという、どこぞの書生さんみたいな生活を送っている。
水切り(石切り)や指パッチンなど、小学生男子の憧れ的特技を複数もつ。

たまに難解なたとえツッコミをする習性があるらしく、
姿悶のボケに対し「それじゃ俺がフィボナッチ数列みたいじゃん」とツッコんだとか。
真相は定かではない。

寄席もじゃーであり、非常にセクシーなポーズで寄席文字を書く。