あ、やだやだ(第壱)


自らの意思に反して稼働しようとする印刷機に向かって
自然家 第壱が言った言葉。

普段の第壱からは想像もつかないくらいお茶目でかわいらしい発言であったため、
その場にいた者達は思わず「だ、第壱…今の、もっかい言って?」と言ってしまったとか。