夏色


ゆずるの持ち歌。
彼がこの曲を歌うのは、昔ゆずの片割れに似ていると言われていた事の名残である。