美ら家 珊瑚


女の尻を追っかけて華の都・大東京に移り住んできた亭主関白な落研の“浪花恋しぐれ”。
本人は岡千秋のつもりでも、彼女は都はるみであるはずもなくあっさり別れを告げられた過去を持つ。

落研史上初めてシュールストレミングの液体を浴びた男である。

生後3ヵ月頃より祖父に点滴され続けた泡盛により、二言目には「飲みたい」を連呼するアル中でもある。

サンゴ「なんやそのしんき臭い顔は!酒や酒や!酒こうてこいっ!!!」