本山の宝探し



昨年の冬合宿同様、雪山に来てテンションの上がってしまった本山君。
転びまくりながらも笑顔でボードを楽しんでいた彼に、よもやこのような悲劇が訪れようとは・・・。

これは、暫亭本山の愛と涙の物語である。


ある程度滑ったところで休憩所に向かう途中、何かが無いことに気付く。

「??・・・・携帯がない!?」←本山

徐に駆け出す本山。
皆の制止を振り切り、単身再度リフトで上へ。
記憶を頼りに、先程滑ってきたコースを辿る。

いつにも増して激しく転びまくる本山。
地を這い、それでも前へ向かおうと転ぶ本山。
コース外に突っ込む本山。
彼にはもう、限界が近づいていた。


奮闘空しく愛しき携帯は見つからない。


仕方なく、疲れた足で休憩所に向かう。
室内に入るが早いか、そこにとどめを刺すかのようなどしゃ降りの雨が!

「・・・もうムリポ_| ̄|○」←本山


絶望的だった。


「もとやんが携帯なくした!?マジでぇ!!?超ウケる!(>o < )」←カンナ

「これで合宿らしくなってきましたなぁ( ̄ー ̄)」←青菜


「(・・・ここの人間は血も涙もないのか!)」←本山


昼食後、皆が更に上に向かう中、
一人雪山にリベンジを挑もうとする男。

だが彼の目にはもう・・・


そのときだ。

夫人さんと男爵さんが一緒に探してくれると申し出てくれた。


おお、神よ。
まだ僕を見捨ててはいないのですね。
僕にはまだ、味方がいるんだ。

男の目に、再び希望の光が宿った。


程なくして二人と共に捜索を再開した矢先。


「あれ、これじゃない?」←夫人


夫人さんが拾い上げた手には黒く光る物体。
それはまさしく、僕の愛しき携帯電話だった。

この数時間、数多に想いを馳せ探していたそれは、いともたやすく発見されたのである。


「ありがとうございますっっ!!(涙)」←本山

歓喜の後、安堵の息をもらす本山。


「(神様、ありがとう。)」←本山


心底そう思い、立ち上がった次の瞬間。
夫人さんの手より僕の愛しきマイハニーは、明後日の方向に弧を描いていた。


その後無事携帯を取り戻して帰った本山君。
そのホクホク顔を見たカンナさんの舌打ちで、この物語は幕を閉じるのだった。