ちょいと(ゆずる)

よく落語で出てくる何気ない日常会話のひとつ。
酒により現世と落語の区別を失ったゆずるが連呼する。
その間といい多様性といい、あまりに絶妙なために脳内でエンドレスリピートされる。
しかしあまりに連呼するために即座にあきられてしまう。