ココ市、一年越しの和解事件


2007 血の学祭の際、本山の友人(某サークル所属)の胸倉をつかみ凄んでしまったココ市。
それ以来何度か落研の発表を見にきてくれた彼なのだが、
なんとなく気まずいふいんき(ryのまま2008年の学祭を迎えた。
そんな学祭の二日目の夜、再び両雄あいまみえる機会が得られたのである。
今回はどちらも冷静であり最終的にはがっちりとした握手で結ばれたこの邂逅は、
次世代サークル間の共生と平和を暗示した物であるといえよう。
めでたしめでたし。