部室炎上未遂事件


11月某日、夜な夜な部室に現われていたG氏が、
マッチの火に異常な興味を示したことで事件の起因とされている。
何度目かの着火により、部屋の中央に置かれていたトイレットペーパーに火が燃えうつった。
トイレットペーパーを振るという咄嗟かつ賢明な判断により、火が広がることは避けられた。