アヤタカケ コクヨ


第87回農工落語会にて一年生の綾鷹家 コクヨが枕で言い放った一言。
彼、もしくは彼女が何者であるかは明らかにはなっていない。