海亭 栄和


最初にして最後の運営主任という役職を持つ、落研唯一の芸能人。

落研に似つかわしくないジュノン系の男前で、親子2代続く落研人というサラブレッド。
運動は苦手だが野球好きで、彼のトレードマークは風呂に入る時も外さないという巨人帽である。
それでいて年季の入った日ハムファン。しかし本命は広島。

彼の歩行舎 優先に対する嫌悪感は異常なものがあり、ときたま我々に語ってくれる
〝ゆずるの指の間に挟まってる靴下の糸がものっそい臭い話〟は落研内ではもはや鉄板である。

男らしい自分を目指しており、理想の男性像は、雨の日に捨て子犬を見つけてなんか居た堪れない気分になって自分の家に持って帰っちゃう人とか、うっかり女の子が風船を飛ばしたんで、その風船を取ってあげる人とからしい。

しかし、「でもそれってなんか女の子目線だよね。」と同期の女性陣からダメ出しをされていた。

冬期はパリジャンと化す。