何しに来たんすか?


真冬の凍えるような寒い昼時に、
何気なく温かい飲み物が飲みたくなって立ち寄った店で、
レジの前に立った瞬間、店員に言われた一言。

「何しに来たんすか?」

心は深く傷つきながらも
それを顔に出すことはなく
笑顔で飲み物を注文した。