ピーポという部員をなくした翌週に愚星からまさかの知らせが届きました。
博物館レポートが大変だから落研にはいられない、と。
数理は早速ココ市に動揺のメールを送るも
「去るもの追うべからず、それが俺たち落研だ」
と、軽くあしらわれました。

しかしその後、恋也さんの説得もあり、
今、彼は元気です。