ひじ鉄事件


まず、ことの顛末はTシャツ焼失事件をご覧下さい。

狂ったオーディエンス(もやし、ココ市)は蜂の巣になったトンボと本山の
Tシャツをひたすらウキウキで踏みまくっていた。

その頃、トンボの靴を埋めていた数理は、その光景をみて
「俺も踏みたい!!」
急いで駆けつけた瞬間、ココ市の肘がジャストミート!

痛みとともに我に返った数理はトンボと本山にとびっきり上等なTシャツを
プレゼントすることを堅く誓ったのだった。

待っててトンボ!待ってて本山!!