たらちね

ふしだら八五郎にもついに嫁をもらうことになる。
しかもこの嫁は京の出身で非常に礼儀正しい。
しかし京都弁訛りがひどく何を言っているか分からないという話。

枕から本編の入りは、
「えぇー、夫婦の間でもこーゆう事はよくありまして・・・」

下げは忘れました。
現在惜しまれつつも封印中。