このライン!

何かにおいて、ものすごいラインに遭遇したとき、
誰ともなく自然と口から発する言葉。
そのラインを駆け抜ける疾走感がたまらない。

まぁボンバーマンでの話です。