朝八時半、合宿所に鳴り響くトップのアラーム音。
しかしその騒音は彼を起こすことは決してなく、まわりの人々をいらつかせるものである。