何かありえないこと、自分の想像をはるかに超えた出来事に遭遇したとき、
先生(ルディ)は必ずこの言葉を発することでしょう。

しかし最近では、まわりの人々が言い過ぎたので死語となるでしょう。

いや、ありえんでしょう。