芋散家 十鹿(ぽてちや とじか)と読む。

55代のサンドバッグその2。
地元の奈良県で彼女に振られ、東京で新たな恋を探すため農工大に進学した。
真面目で誠実かつ成績優秀な優等生だが、なぜか落研では「話が長い」「理屈っぽい」「なんか腹立つ」「元カノに未練タラタラ野郎」「話が長い」「黙れ」「クソ鹿」「ジビエ」と散々な扱いを受けている。
不憫。

55代期待の新人。